Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルートヴィヒ2世(Ludwig II、804年 - 876年8月28日)は、東フランク王国(カロリング朝)の国王。ルートヴィヒ1世(敬虔王)の子(在位:843年 - 876年)。母はその最初の妃エルマンガルド・ド・エスベイ。ドイツ人王と称されている。父・敬虔王の死後、弟のシャルル2世(禿頭王)と手を結び、王国のすべての領土を手中に収めようとした兄ロタール1世に対抗、843年のヴェルダン条約でライン川やアーレ川以東の地を獲得し、東フランク王国を築き上げた。これが、後のドイツの起源である。869年、中部フランク王国の王ロタール2世が死去すると、翌年にシャルル2世とメルセン条約を結んでその遺領を分割併合した。876年、73歳で死去し、後を子のカールマンが継いだ。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 243770 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1795 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57447573 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルートヴィヒ2世(Ludwig II、804年 - 876年8月28日)は、東フランク王国(カロリング朝)の国王。ルートヴィヒ1世(敬虔王)の子(在位:843年 - 876年)。母はその最初の妃エルマンガルド・ド・エスベイ。ドイツ人王と称されている。父・敬虔王の死後、弟のシャルル2世(禿頭王)と手を結び、王国のすべての領土を手中に収めようとした兄ロタール1世に対抗、843年のヴェルダン条約でライン川やアーレ川以東の地を獲得し、東フランク王国を築き上げた。これが、後のドイツの起源である。869年、中部フランク王国の王ロタール2世が死去すると、翌年にシャルル2世とメルセン条約を結んでその遺領を分割併合した。876年、73歳で死去し、後を子のカールマンが継いだ。
rdfs:label
  • ルートヴィヒ2世 (東フランク王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of