Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン(独: Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアのウィーンに生まれ主にイギリスのケンブリッジ大学で活躍した哲学者である。著作活動は母語のドイツ語で行った。後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。初期の著作である『論理哲学論考』に含まれる「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という命題は、一般にも有名な言葉の一つである。ケンブリッジ大学・トリニティ・カレッジのバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『論理哲学論考』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。62才。生涯独身であった。なお、こうした再構築の試みをうかがわせる文献として、遺稿となった『哲学探究』がよく挙げられる。そのため、ウィトゲンシュタインの哲学は、初期と後期が分けられ、異なる視点から考察されることも多い。
dbpedia-owl:birthDate
  • 1889-04-26 (xsd:date)
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:birthYear
  • 1889-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathDate
  • 1951-04-29 (xsd:date)
dbpedia-owl:deathPlace
dbpedia-owl:deathYear
  • 1951-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:influenced
dbpedia-owl:influencedBy
dbpedia-owl:mainInterest
dbpedia-owl:notableIdea
dbpedia-owl:philosophicalSchool
dbpedia-owl:region
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 14064 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 35599 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 466 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59252621 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1889-04-26 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • ・ウィーン
prop-ja:deathDate
  • 1951-04-29 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
  • ・ケンブリッジ
prop-ja:era
  • 20 (xsd:integer)
prop-ja:imageCaption
  • ウィトゲンシュタイン(1910年)
prop-ja:imageName
  • Ludwig Wittgenstein 1910.jpg
prop-ja:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:influenced
prop-ja:influences
prop-ja:mainInterests
prop-ja:name
  • Ludwig Josef Johann Wittgenstein
  • ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン
prop-ja:notableIdeas
prop-ja:region
prop-ja:schoolTradition
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ウィトゲンシュタイン(独: Ludwig Josef Johann Wittgenstein、1889年4月26日 - 1951年4月29日)は、オーストリアのウィーンに生まれ主にイギリスのケンブリッジ大学で活躍した哲学者である。著作活動は母語のドイツ語で行った。後の言語哲学、分析哲学に強い影響を与えた。初期の著作である『論理哲学論考』に含まれる「語り得ぬものについては沈黙しなければならない」という命題は、一般にも有名な言葉の一つである。ケンブリッジ大学・トリニティ・カレッジのバートランド・ラッセルのもとで哲学を学ぶが、第一次世界大戦後に発表された初期の著作『論理哲学論考』に哲学の完成をみて哲学の世界から距離を置く。その後、小学校教師になるが、生徒を虐待したとされて辞職。トリニティ・カレッジに復学してふたたび哲学の世界に身を置くこととなる。やがて、ケンブリッジ大学の教授にむかえられた彼は、『論考』での記号論理学中心、言語間普遍論理想定の哲学に対する姿勢を変え、コミュニケーション行為に重点をずらしてみずからの哲学の再構築に挑むが、結局、これは完成することはなく、癌によりこの世を去る。62才。生涯独身であった。なお、こうした再構築の試みをうかがわせる文献として、遺稿となった『哲学探究』がよく挙げられる。そのため、ウィトゲンシュタインの哲学は、初期と後期が分けられ、異なる視点から考察されることも多い。
rdfs:label
  • ルートヴィヒ・ウィトゲンシュタイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • Ludwig Josef Johann Wittgenstein
  • ルートヴィヒ・ヨーゼフ・ヨーハン・ヴィトゲンシュタイン
is dbpedia-owl:influenced of
is dbpedia-owl:influencedBy of
is dbpedia-owl:mainInterest of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:influenced of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:mainInterests of
is prop-ja:影響を受けた人物 of
is foaf:primaryTopic of