Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルベリトリン酸(Ruberythric acid)は、プリメベロースにアリザリンがグリコシド結合した配糖体である。アカネの根に含まれており、アリザリン、プルプリンと共にアカネ色素を構成している。日本では食品添加物の色素として認可されていたが、2004年に腎臓の発癌性原因物質の疑いが持たれたためその使用は禁止された。詳細はアカネ色素参照
dbpedia-owl:casNumber
  • 152-84-1
dbpedia-owl:iupacName
  • 1-ヒドロキシ-2-[(2S,3R,4S,5R,6R)-3,4,5-トリヒドロキシ-6-[[(2R,3R,4S,5R)-3,4,5-トリヒドロキシオキサン-2-イル]オキシメチル]オキサン-2-イル]オキシアントラセン-9,10-ジオン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1284218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 947 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 20 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56699832 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 152 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ルベリトリン酸
prop-ja:smiles
  • C1[C@H]O
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:分子式
  • C25H26O13
prop-ja:分子量
  • 534.470000 (xsd:double)
prop-ja:構造式
  • 300 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ルベリトリン酸(Ruberythric acid)は、プリメベロースにアリザリンがグリコシド結合した配糖体である。アカネの根に含まれており、アリザリン、プルプリンと共にアカネ色素を構成している。日本では食品添加物の色素として認可されていたが、2004年に腎臓の発癌性原因物質の疑いが持たれたためその使用は禁止された。詳細はアカネ色素参照
rdfs:label
  • ルベリトリン酸
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ルベリトリン酸
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of