Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルブレンは、テトラセン誘導体の芳香族炭化水素である。ルブレンは赤色結晶の外観をしており、ケミカルライトで橙色の感光薬として使われる。ルブレン単結晶は有機半導体で最も高い移動度をもち、有機EL (OLED) 、有機電界効果トランジスタ (OFET) などに用いられる。ルブレンの単結晶は、温度勾配のつけた管状炉によって徐々に成長させるPhysical Vapor Transport法によって作成される。
dbpedia-owl:casNumber
  • 517-51-1
dbpedia-owl:iupacName
  • 5,6,11,12-テトラフェニルテトラセン
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1878189 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 717 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 10 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 50129932 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:cas登録番号
  • 517 (xsd:integer)
prop-ja:iupac
  • 561112 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • ルブレン
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:出典
prop-ja:分子式
  • C42H28
prop-ja:分子量
  • 532.671700 (xsd:double)
prop-ja:別名
  • 561112 (xsd:integer)
prop-ja:形状
  • 赤色結晶
prop-ja:構造式
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:融点
  • 315 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ルブレンは、テトラセン誘導体の芳香族炭化水素である。ルブレンは赤色結晶の外観をしており、ケミカルライトで橙色の感光薬として使われる。ルブレン単結晶は有機半導体で最も高い移動度をもち、有機EL (OLED) 、有機電界効果トランジスタ (OFET) などに用いられる。ルブレンの単結晶は、温度勾配のつけた管状炉によって徐々に成長させるPhysical Vapor Transport法によって作成される。
rdfs:label
  • ルブレン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ルブレン
  • 5,6,11,12-テトラフェニルナフタセン、ルブレン
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of