Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルビコン川(ルビコンがわ、ラテン語: Rubicon)は、共和政ローマ末期にイタリア本土と属州ガリア・キサルピナの境界になっていた川。アリミヌム(現在のリミニ)の北、ラウェンナ(ラヴェンナ)との間でアドリア海に注いでいた。ユリウス・カエサルの故事にちなむ「ルビコン川を渡る」という成語は、カエサルの「賽は投げられた」という言葉とともに知られている。現代のイタリア語ではルビコーネ川(Rubicone)という語形になり、エミリア=ロマーニャ州南東部のサヴィニャーノ・スル・ルビコーネ付近でアドリア海に注ぐ川(旧称: フィウミーチノ川)がこの名で呼ばれている。しかしこの地域では古代以来河道の変化などが生じているため、カエサルが渡った「ルビコン川」を現在のどの川にあたるとみなすかについては、数世紀にわたる論争がある。
dbpedia-owl:elevation
  • 250.000000 (xsd:double)
dbpedia-owl:riverMouth
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 63106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58610958 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:名称
  • ルビコーネ川
prop-ja:延長
  • 29 (xsd:integer)
prop-ja:標高
  • 250 (xsd:integer)
prop-ja:河口
prop-ja:流域
  • エミリア=ロマーニャ州
prop-ja:画像
  • 220 (xsd:integer)
  • ルビコーネ川の流路(青線)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ルビコン川(ルビコンがわ、ラテン語: Rubicon)は、共和政ローマ末期にイタリア本土と属州ガリア・キサルピナの境界になっていた川。アリミヌム(現在のリミニ)の北、ラウェンナ(ラヴェンナ)との間でアドリア海に注いでいた。ユリウス・カエサルの故事にちなむ「ルビコン川を渡る」という成語は、カエサルの「賽は投げられた」という言葉とともに知られている。現代のイタリア語ではルビコーネ川(Rubicone)という語形になり、エミリア=ロマーニャ州南東部のサヴィニャーノ・スル・ルビコーネ付近でアドリア海に注ぐ川(旧称: フィウミーチノ川)がこの名で呼ばれている。しかしこの地域では古代以来河道の変化などが生じているため、カエサルが渡った「ルビコン川」を現在のどの川にあたるとみなすかについては、数世紀にわたる論争がある。
rdfs:label
  • ルビコン川
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ルビコーネ川
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of