Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルドルフ1世(Rudolf I.、Rudolf von Habsburg、1218年5月1日 - 1291年7月15日)は、ハプスブルク家における最初の神聖ローマ帝国君主(ドイツ王、在位:1273年 - 1291年)。ハプスブルク伯としては、ルドルフ4世。日本語ではルードルフとも表記される。ルドルフ1世のドイツ王選出によりハプスブルク家の名前が初めて歴史の表舞台に現れ、彼の時代にハプスブルク家はヨーロッパ有数の家門に発展する。神聖ローマ帝国の大空位時代の中で、1273年の国王選挙において選帝侯たちはルドルフを御し易い人物と考えてドイツ王に選出し、大空位時代は終結する。ルドルフの採った外交政策と軍事政策は成功を収め、混乱の続いていたドイツに20年近い平和をもたらした。そしてルドルフは諸侯の思惑に反してハプスブルク家の富と権力を増やしていき、神聖ローマ帝国に地盤を作り上げた。ボヘミア王オタカル2世に勝利した後、ルドルフはウィーンに一門の拠点を移し、20世紀に至るまでウィーンはハプスブルク家の本拠地とされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 92220 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13953 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57965645 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ルドルフ1世
prop-ja:出生日
  • --05-01
prop-ja:各国語表記
  • Rudolf I
prop-ja:君主号
  • ドイツ王(ローマ王)
prop-ja:在位
  • --07-15
prop-ja:埋葬地
prop-ja:子女
  • [[#家族
prop-ja:死亡日
  • --07-15
prop-ja:母親
  • ハイルヴィヒ
prop-ja:没地
prop-ja:父親
  • ハプスブルク伯アルブレヒト4世
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • Fernkorn, Rudolf von Habsburg, Speyerer Dom.jpg
prop-ja:画像説明
  • シュパイアー大聖堂のルドルフ1世像
prop-ja:配偶者
  • イザベラ
  • ゲルトルート(アンナ)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルドルフ1世(Rudolf I.、Rudolf von Habsburg、1218年5月1日 - 1291年7月15日)は、ハプスブルク家における最初の神聖ローマ帝国君主(ドイツ王、在位:1273年 - 1291年)。ハプスブルク伯としては、ルドルフ4世。日本語ではルードルフとも表記される。ルドルフ1世のドイツ王選出によりハプスブルク家の名前が初めて歴史の表舞台に現れ、彼の時代にハプスブルク家はヨーロッパ有数の家門に発展する。神聖ローマ帝国の大空位時代の中で、1273年の国王選挙において選帝侯たちはルドルフを御し易い人物と考えてドイツ王に選出し、大空位時代は終結する。ルドルフの採った外交政策と軍事政策は成功を収め、混乱の続いていたドイツに20年近い平和をもたらした。そしてルドルフは諸侯の思惑に反してハプスブルク家の富と権力を増やしていき、神聖ローマ帝国に地盤を作り上げた。ボヘミア王オタカル2世に勝利した後、ルドルフはウィーンに一門の拠点を移し、20世紀に至るまでウィーンはハプスブルク家の本拠地とされる。
rdfs:label
  • ルドルフ1世 (神聖ローマ皇帝)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:parent of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:元首等氏名 of
is prop-ja:父親 of
is foaf:primaryTopic of