Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルドルフ1世(Rudolf I, 1281年 - 1307年6月)は、ボヘミア王(在位:1306年 - 1307年)、オーストリア公(ルドルフ3世、在位:1298年 - 1307年)。ハプスブルク家のドイツ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの息子。弟にドイツ王フリードリヒ3世(美王)、オーストリア公レオポルト1世、アルブレヒト2世(賢公)、オットー(陽気公)がいる。1300年にフランス王フィリップ4世の異母妹ブランシュと結婚したが、夭逝した一女をもうけたのみで、1305年に死別した。1306年、ボヘミア、ハンガリー、ポーランドの王を兼ねたヴァーツラフ3世(ルドルフの従弟に当たる)が後継者なしに死去すると、ボヘミアではヴァーツラフ3世の妹アンナの夫でルドルフの母方の叔父に当たるケルンテン公ハインリヒ6世(インジフ)が国王に選ばれた。これに対してアルブレヒト1世は、ヴァーツラフ3世の父ヴァーツラフ2世の未亡人リクサ・エルジュビェタ(エリシュカ、プシェミスウ2世の娘)とルドルフを結婚させ、プラハを占領してボヘミア王位につけた。ボヘミア諸侯にはルドルフの即位を認めず、ケルンテン公を支持し続ける者がいたため、ルドルフはホラジュジョヴィツェ(Horažďovice)要塞に追いつめて包囲した。しかしこの攻城戦の最中、1307年にルドルフは赤痢で病死した。翌1308年には父アルブレヒト1世も同族のヨハン・パリツィーダ(叔父ルドルフ2世とヴァーツラフ3世の伯母アネシュカの子)に暗殺された。ケルンテン公はいったんはボヘミア王位を回復したが、アルブレヒト1世の次のドイツ王に選ばれたハインリヒ7世が息子ヨハンを王位に就け、ケルンテン公はボヘミアを追われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 272520 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58760790 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルドルフ1世(Rudolf I, 1281年 - 1307年6月)は、ボヘミア王(在位:1306年 - 1307年)、オーストリア公(ルドルフ3世、在位:1298年 - 1307年)。ハプスブルク家のドイツ王アルブレヒト1世と王妃エリーザベト・フォン・ケルンテンの息子。弟にドイツ王フリードリヒ3世(美王)、オーストリア公レオポルト1世、アルブレヒト2世(賢公)、オットー(陽気公)がいる。1300年にフランス王フィリップ4世の異母妹ブランシュと結婚したが、夭逝した一女をもうけたのみで、1305年に死別した。1306年、ボヘミア、ハンガリー、ポーランドの王を兼ねたヴァーツラフ3世(ルドルフの従弟に当たる)が後継者なしに死去すると、ボヘミアではヴァーツラフ3世の妹アンナの夫でルドルフの母方の叔父に当たるケルンテン公ハインリヒ6世(インジフ)が国王に選ばれた。これに対してアルブレヒト1世は、ヴァーツラフ3世の父ヴァーツラフ2世の未亡人リクサ・エルジュビェタ(エリシュカ、プシェミスウ2世の娘)とルドルフを結婚させ、プラハを占領してボヘミア王位につけた。ボヘミア諸侯にはルドルフの即位を認めず、ケルンテン公を支持し続ける者がいたため、ルドルフはホラジュジョヴィツェ(Horažďovice)要塞に追いつめて包囲した。しかしこの攻城戦の最中、1307年にルドルフは赤痢で病死した。翌1308年には父アルブレヒト1世も同族のヨハン・パリツィーダ(叔父ルドルフ2世とヴァーツラフ3世の伯母アネシュカの子)に暗殺された。ケルンテン公はいったんはボヘミア王位を回復したが、アルブレヒト1世の次のドイツ王に選ばれたハインリヒ7世が息子ヨハンを王位に就け、ケルンテン公はボヘミアを追われた。
rdfs:label
  • ルドルフ1世 (ボヘミア王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:配偶者 of
is foaf:primaryTopic of