Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルドルフ・アーサー・マーカス(Rudolph "Rudy" Arthur Marcus, 1923年7月21日 - )は、アメリカ合衆国の化学者。1992年、電子移動反応理論への貢献でノーベル化学賞を受賞した。彼の名を取ったマーカス理論は、外圏電子移動の熱力学的および動力学的機構を説明する。彼の理論は1986年にジョン・ミラーらの研究グループによって実験、確認された。カナダのケベック州モントリオールに生まれた。マギル大学に通い、1943年に理学士号(B.Sc.)、1946年に博士号(Ph.D.)を授与される。1958年、アメリカ合衆国に帰化。同年よりニューヨーク市立大学ブルックリン校、1964年よりイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の教授を歴任。現在、カリフォルニア工科大学教授。国際量子分子科学アカデミー会員。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 983060 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1689 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58459040 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルドルフ・アーサー・マーカス(Rudolph "Rudy" Arthur Marcus, 1923年7月21日 - )は、アメリカ合衆国の化学者。1992年、電子移動反応理論への貢献でノーベル化学賞を受賞した。彼の名を取ったマーカス理論は、外圏電子移動の熱力学的および動力学的機構を説明する。彼の理論は1986年にジョン・ミラーらの研究グループによって実験、確認された。カナダのケベック州モントリオールに生まれた。マギル大学に通い、1943年に理学士号(B.Sc.)、1946年に博士号(Ph.D.)を授与される。1958年、アメリカ合衆国に帰化。同年よりニューヨーク市立大学ブルックリン校、1964年よりイリノイ大学アーバナ・シャンペーン校の教授を歴任。現在、カリフォルニア工科大学教授。国際量子分子科学アカデミー会員。
rdfs:label
  • ルドルフ・マーカス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of