Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルテニア人(ルテニアじん;ラテン語: Rutheni, Ruteni ;ウクライナ語: Руте́ни)は、東スラヴ系の民族である。今日のウクライナ人とベラルーシ人の祖先であるルーシ人のラテン語による外名で、「ルーシ」のラテン語名「ルテニア」(Ruthenia)に由来する。したがって元来はルーシ人の同義語であるが、特に西ウクライナのウクライナ人の古称としても用いられる。英語やドイツ語、フランス語など西欧の文献では一般的な用語であるが、当のルーシ語や今日のウクライナ語、ベラルーシ語、ポーランド語、リトアニア語では、特にこの外名を選ぶ理由がなければ使われない。一方、日本語での用法は西欧の用法とも東欧の用法とも異なっている。日本語文献ではポーランド・リトアニア共和国に居住したルーシ人をルテニア人と呼ぶこともないわけではないが、基本的にはオーストリア=ハンガリー帝国領となったガリツィア(ハルィチナー)・ヴォルィーニ・ブコヴィナ・カルパティア地方等に居住したウクライナ人だけを特に指す。その一方で、より広義にウクライナに居住するルシン人などの少数民族やハンガリーなどほかのヨーロッパ諸国に居住するルーシ系(ウクライナ系)の少数民族がルテニア人と呼ばれる場合がある(この場合も通常、かつてのオーストリア=ハンガリー帝国の旧領に居住する民族について言う)。ルシン人と書かれることがあるが、これが少数民族のルシン人がしばしば「ルテニア人」と書かれることもあり、混乱を招いている。また、日本語における研究ではキエフ大公国(キエフ・ルーシ)を「ルテニア」と呼ぶ習慣がないので、その時代のルーシ人をルテニア人と呼ぶのは一般的ではない(西欧米の研究では呼ぶ場合がある)。また、ロシア帝国領内の小ロシア人や白ロシア人をルテニア人と呼ぶのも一般的ではない。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1883783 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10362 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 95 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57068226 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルテニア人(ルテニアじん;ラテン語: Rutheni, Ruteni ;ウクライナ語: Руте́ни)は、東スラヴ系の民族である。今日のウクライナ人とベラルーシ人の祖先であるルーシ人のラテン語による外名で、「ルーシ」のラテン語名「ルテニア」(Ruthenia)に由来する。したがって元来はルーシ人の同義語であるが、特に西ウクライナのウクライナ人の古称としても用いられる。英語やドイツ語、フランス語など西欧の文献では一般的な用語であるが、当のルーシ語や今日のウクライナ語、ベラルーシ語、ポーランド語、リトアニア語では、特にこの外名を選ぶ理由がなければ使われない。一方、日本語での用法は西欧の用法とも東欧の用法とも異なっている。日本語文献ではポーランド・リトアニア共和国に居住したルーシ人をルテニア人と呼ぶこともないわけではないが、基本的にはオーストリア=ハンガリー帝国領となったガリツィア(ハルィチナー)・ヴォルィーニ・ブコヴィナ・カルパティア地方等に居住したウクライナ人だけを特に指す。その一方で、より広義にウクライナに居住するルシン人などの少数民族やハンガリーなどほかのヨーロッパ諸国に居住するルーシ系(ウクライナ系)の少数民族がルテニア人と呼ばれる場合がある(この場合も通常、かつてのオーストリア=ハンガリー帝国の旧領に居住する民族について言う)。ルシン人と書かれることがあるが、これが少数民族のルシン人がしばしば「ルテニア人」と書かれることもあり、混乱を招いている。また、日本語における研究ではキエフ大公国(キエフ・ルーシ)を「ルテニア」と呼ぶ習慣がないので、その時代のルーシ人をルテニア人と呼ぶのは一般的ではない(西欧米の研究では呼ぶ場合がある)。また、ロシア帝国領内の小ロシア人や白ロシア人をルテニア人と呼ぶのも一般的ではない。
rdfs:label
  • ルテニア人
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of