Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルテティア (ラテン語: Lutetia) は、前ローマ時代およびローマ時代のガリア地方にあった町である。別名をラテン語ではルテティア・パリシオルム (Lutetia Parisiorum, パリシイ族の沼沢地) 、ルコテキア (Lucotecia) 、リュテス (仏: Lutèce) 。ガロ・ローマ都市であるルテティアは、メロヴィング朝時代に再建され、現代のパリの祖先となった。セーヌ川の洗い越しとして造られたシテ島は、ルテティアとパリの共通する数少ない場所である。「ルテティア」はラテン語のルトゥム (lutum, 泥) から造られた地名である。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1877592 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5837 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 98 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56151695 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
georss:point
  • 48.85 2.35
rdf:type
rdfs:comment
  • ルテティア (ラテン語: Lutetia) は、前ローマ時代およびローマ時代のガリア地方にあった町である。別名をラテン語ではルテティア・パリシオルム (Lutetia Parisiorum, パリシイ族の沼沢地) 、ルコテキア (Lucotecia) 、リュテス (仏: Lutèce) 。ガロ・ローマ都市であるルテティアは、メロヴィング朝時代に再建され、現代のパリの祖先となった。セーヌ川の洗い越しとして造られたシテ島は、ルテティアとパリの共通する数少ない場所である。「ルテティア」はラテン語のルトゥム (lutum, 泥) から造られた地名である。
rdfs:label
  • ルテティア
owl:sameAs
geo:lat
  • 48.849998 (xsd:float)
geo:long
  • 2.350000 (xsd:float)
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of