Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルクレール(Leclerc)は、フランスの第3および第3.5世代主力戦車。1990年からフランスの国営企業GIAT社で量産され、フランス陸軍が400両強、アラブ首長国連邦陸軍が400両弱を配備する。調達価格は740万ユーロ。名称は、第二次世界大戦時にノルマンディー上陸後パリへ進撃した自由フランス軍の先鋒、ルクレール将軍の名に因む。文献によっては、名称を「ルクレルク」としているものもある。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 287164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58950949 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン名
prop-ja:主砲
  • 52 (xsd:integer)
  • CN120-26
prop-ja:乗員
  • 3 (xsd:integer)
prop-ja:全幅
  • 3.71m
prop-ja:全長
  • 9.87m
prop-ja:全高
  • 2.92m
prop-ja:出力
  • 1500.0
prop-ja:副武装
prop-ja:名称
  • ルクレール(AMX-56)
prop-ja:懸架方式
prop-ja:画像
  • 300 (xsd:integer)
prop-ja:行動距離
  • 550.0
  • (増槽装着時 650km)
prop-ja:車体長
  • 6.88m
prop-ja:速度
  • 38 (xsd:integer)
  • 55 (xsd:integer)
  • 72 (xsd:integer)
prop-ja:重量
  • 56.5
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルクレール(Leclerc)は、フランスの第3および第3.5世代主力戦車。1990年からフランスの国営企業GIAT社で量産され、フランス陸軍が400両強、アラブ首長国連邦陸軍が400両弱を配備する。調達価格は740万ユーロ。名称は、第二次世界大戦時にノルマンディー上陸後パリへ進撃した自由フランス軍の先鋒、ルクレール将軍の名に因む。文献によっては、名称を「ルクレルク」としているものもある。
rdfs:label
  • ルクレール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of