Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルクセンブルク家のドイツ・イタリア政策では、ルクセンブルク家による神聖ローマ帝国の統治、特にドイツ及びイタリア政策を中心として解説する。1308年のハインリヒ7世のドイツ王選出から1437年のジギスムントの死まで、ルクセンブルク家からは4人のドイツ王および神聖ローマ皇帝を出したが、連続して君主位に就いたわけではない。しかも歴代君主の多くがボヘミアやハンガリーの王を兼ねており、統治の中心はむしろボヘミアに置かれた。カール4世はそのために皇帝としての役割を果たしていないと非難された。ボヘミアではフス派が生まれ、その抵抗運動(フス戦争)により帝国は荒廃し、戦争の終焉と同時にルクセンブルク家も断絶した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 622312 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 13389 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 271 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 54632860 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルクセンブルク家のドイツ・イタリア政策では、ルクセンブルク家による神聖ローマ帝国の統治、特にドイツ及びイタリア政策を中心として解説する。1308年のハインリヒ7世のドイツ王選出から1437年のジギスムントの死まで、ルクセンブルク家からは4人のドイツ王および神聖ローマ皇帝を出したが、連続して君主位に就いたわけではない。しかも歴代君主の多くがボヘミアやハンガリーの王を兼ねており、統治の中心はむしろボヘミアに置かれた。カール4世はそのために皇帝としての役割を果たしていないと非難された。ボヘミアではフス派が生まれ、その抵抗運動(フス戦争)により帝国は荒廃し、戦争の終焉と同時にルクセンブルク家も断絶した。
rdfs:label
  • ルクセンブルク家のドイツ・イタリア政策
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of