Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルクセンブルク家(ルクセンブルクけ、独:Haus Luxemburg, 仏:Maison de Luxembourg, チェコ語:Lucemburkové)は、現在のルクセンブルクを発祥とした中世ヨーロッパの貴族、王家。現在のルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家(ルクセンブルク家ともいう)と直接のつながりはないが、婚姻関係を通じてはつながりはある(後述)。ルクセンブルク家と言っても同じ男系が続いたわけではなく、ルクセンブルク=アルデンヌ家(ザルム家とも)、ナミュール=ルクセンブルク家、リンブルク=ルクセンブルク家の3家に分けられる。ルクセンブルク家は3家の総称でもあるが、特に神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出した最後の家系を指す場合が多い。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 622311 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8813 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 180 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57779325 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルクセンブルク家(ルクセンブルクけ、独:Haus Luxemburg, 仏:Maison de Luxembourg, チェコ語:Lucemburkové)は、現在のルクセンブルクを発祥とした中世ヨーロッパの貴族、王家。現在のルクセンブルク大公家であるナッサウ=ヴァイルブルク家(ルクセンブルク家ともいう)と直接のつながりはないが、婚姻関係を通じてはつながりはある(後述)。ルクセンブルク家と言っても同じ男系が続いたわけではなく、ルクセンブルク=アルデンヌ家(ザルム家とも)、ナミュール=ルクセンブルク家、リンブルク=ルクセンブルク家の3家に分けられる。ルクセンブルク家は3家の総称でもあるが、特に神聖ローマ皇帝やボヘミア王を出した最後の家系を指す場合が多い。
rdfs:label
  • ルクセンブルク家
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:王家 of
is prop-ja:王朝 of
is foaf:primaryTopic of