Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルクス(lux、略記号:lx)とは、国際単位系 (SI) における照度の単位である。SI組立単位「ルーメン毎平方メートル」(lm/m²)に与えられた固有の名称であり、日本の計量単位令では「1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされるときの照度」と定義されている。luxという名称は、ラテン語で光を意味する語からとられたものである。人名に由来するものではないので、単位記号は全て小文字である。英語では単数形・複数形ともluxと書く。1889年に作られた単位で、1948年の第9回国際度量衡総会 (CGPM) で国際単位系に採用された。 テレビ放送のスタジオは約1,000lx (1 klx) 明るいオフィスは約400lx of illumination 月の光は平均約0.2lx 星の光は0.00005lx (50µlx)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 248988 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1541 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 35 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57944800 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:単位系
  • SI
prop-ja:名称
  • ルクス
prop-ja:定義
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:物理量
prop-ja:種類
prop-ja:組立
prop-ja:英字
  • lux
prop-ja:記号
  • lx
prop-ja:語源
  • ラテン語 lux(光)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルクス(lux、略記号:lx)とは、国際単位系 (SI) における照度の単位である。SI組立単位「ルーメン毎平方メートル」(lm/m²)に与えられた固有の名称であり、日本の計量単位令では「1平方メートルの面が1ルーメンの光束で照らされるときの照度」と定義されている。luxという名称は、ラテン語で光を意味する語からとられたものである。人名に由来するものではないので、単位記号は全て小文字である。英語では単数形・複数形ともluxと書く。1889年に作られた単位で、1948年の第9回国際度量衡総会 (CGPM) で国際単位系に採用された。 テレビ放送のスタジオは約1,000lx (1 klx) 明るいオフィスは約400lx of illumination 月の光は平均約0.2lx 星の光は0.00005lx (50µlx)
rdfs:label
  • ルクス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of