Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルイ4世アンリ・ド・ブルボン=コンデ(Louis IV Henri de Bourbon-Condé)またはルイ・アンリ・ジョゼフ・ド・ブルボン=コンデ(Louis Henri Joseph de Bourbon-Condé, 1692年8月18日 - 1740年1月27日)は、フランスの貴族、政治家。第7代コンデ公。一般に「ブルボン公」(Duc de Bourbon)の称号で知られ、同時代人には「公爵様」(Monsieur le Duc)と呼ばれた。アンギャン公(duc d'Enghien)、ギーズ公(duc de Guise)、ベレガルド公(duc de Bellegarde)、サンクレール伯(comte de Sancerre)の諸称号も保持していた。ブルボン家の支流ブルボン=コンデ家の総帥として、死去する1740年まで宮廷で重きを成した。ルイ15世の幼少時、摂政会議議長を務め、摂政オルレアン公フィリップ2世の死後、1723年に宰相となった。しかしルイ14世以来の財政問題に直面し、財政再建に失敗したため人気を失い、1726年に辞任した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1260543 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2713 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58499505 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルイ4世アンリ・ド・ブルボン=コンデ(Louis IV Henri de Bourbon-Condé)またはルイ・アンリ・ジョゼフ・ド・ブルボン=コンデ(Louis Henri Joseph de Bourbon-Condé, 1692年8月18日 - 1740年1月27日)は、フランスの貴族、政治家。第7代コンデ公。一般に「ブルボン公」(Duc de Bourbon)の称号で知られ、同時代人には「公爵様」(Monsieur le Duc)と呼ばれた。アンギャン公(duc d'Enghien)、ギーズ公(duc de Guise)、ベレガルド公(duc de Bellegarde)、サンクレール伯(comte de Sancerre)の諸称号も保持していた。ブルボン家の支流ブルボン=コンデ家の総帥として、死去する1740年まで宮廷で重きを成した。ルイ15世の幼少時、摂政会議議長を務め、摂政オルレアン公フィリップ2世の死後、1723年に宰相となった。しかしルイ14世以来の財政問題に直面し、財政再建に失敗したため人気を失い、1726年に辞任した。
rdfs:label
  • ルイ4世アンリ (コンデ公)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of