Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルイ15世(フランス語: Louis XV、1710年2月15日 - 1774年5月10日)は、ブルボン朝第4代のフランス国王(在位:1715年9月1日 - 1774年5月10日)。ナバラ国王としてはルイス4世(バスク語: Luis IV.a)。曾祖父ルイ14世の死によりわずか5歳で即位し、ルイ14世の甥に当たるオルレアン公フィリップ2世が摂政の座に就いて政務を取り仕切った。成人後はブルボン公ルイ・アンリ、次いでフルーリー枢機卿が執政した。優れた政治家であるフルーリー枢機卿の執政によりフランスは繁栄した。フルーリー枢機卿の死後は親政を行う。ポーランド継承戦争に参戦して領土を得たが、続くオーストリア継承戦争では得るものはなく、戦争により財政を逼迫させた。七年戦争ではアメリカ大陸の権益を失い、フランスの衰退を招いた。政治には無関心で、閣僚に政治を任せ、国民の不満が高まった。多くの愛人を持ち私生活は奔放で、最愛王(Bien-Aimé)と呼ばれた。特にポンパドゥール夫人とデュ・バリー夫人はルイ15世の治世に大きな影響を与えている。晩年になってショワズール公、次いで大法官モプーを起用して改革を行い王権の強化を図るが、1774年に天然痘により64歳で崩御した。この時代、啓蒙思想がヨーロッパ世界を席巻し、ヴォルテール、モンテスキュー、ルソーなどがフランスのサロンで活躍している。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 52803 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 19934 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 332 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57602453 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:before
prop-ja:regent
prop-ja:rows
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:title
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 1712 (xsd:integer)
  • 1715 (xsd:integer)
prop-ja:サイン
  • Signature of Louis XV in 1753 at the wedding of the Prince of Condé and Charlotte de Rohan.jpg
prop-ja:人名
  • ルイ15世
prop-ja:全名
  • ルイ
prop-ja:出生日
  • 1710-02-15 (xsd:date)
prop-ja:別号
  • アンドラ大公
prop-ja:君主号
  • フランス国王・ナバラ国王
prop-ja:在位
  • --09-01
prop-ja:埋葬日
  • 、サン=ドニ、サン=ドニ大聖堂
prop-ja:宗教
  • キリスト教カトリック教会
prop-ja:戴冠日
  • --10-25
  • 於ランス・ノートルダム大聖堂
prop-ja:死亡日
  • 1774-05-10 (xsd:date)
prop-ja:母親
prop-ja:没地
  • 、ヴェルサイユ、ヴェルサイユ宮殿
prop-ja:父親
prop-ja:王朝
prop-ja:生地
  • 、ヴェルサイユ、ヴェルサイユ宮殿
prop-ja:画像
  • Louis XV France by Louis-Michel van Loo 002.jpg
prop-ja:画像説明
  • ルイ15世(ルイ=ミシェル・ヴァン・ロー画、ヴェルサイユ宮殿蔵)
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルイ15世(フランス語: Louis XV、1710年2月15日 - 1774年5月10日)は、ブルボン朝第4代のフランス国王(在位:1715年9月1日 - 1774年5月10日)。ナバラ国王としてはルイス4世(バスク語: Luis IV.a)。曾祖父ルイ14世の死によりわずか5歳で即位し、ルイ14世の甥に当たるオルレアン公フィリップ2世が摂政の座に就いて政務を取り仕切った。成人後はブルボン公ルイ・アンリ、次いでフルーリー枢機卿が執政した。優れた政治家であるフルーリー枢機卿の執政によりフランスは繁栄した。フルーリー枢機卿の死後は親政を行う。ポーランド継承戦争に参戦して領土を得たが、続くオーストリア継承戦争では得るものはなく、戦争により財政を逼迫させた。七年戦争ではアメリカ大陸の権益を失い、フランスの衰退を招いた。政治には無関心で、閣僚に政治を任せ、国民の不満が高まった。多くの愛人を持ち私生活は奔放で、最愛王(Bien-Aimé)と呼ばれた。特にポンパドゥール夫人とデュ・バリー夫人はルイ15世の治世に大きな影響を与えている。晩年になってショワズール公、次いで大法官モプーを起用して改革を行い王権の強化を図るが、1774年に天然痘により64歳で崩御した。この時代、啓蒙思想がヨーロッパ世界を席巻し、ヴォルテール、モンテスキュー、ルソーなどがフランスのサロンで活躍している。
rdfs:label
  • ルイ15世 (フランス王)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:child of
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:子女 of
is foaf:primaryTopic of