Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ルアーテーパー (luer taper) は、国際的に使用されている接続方法のひとつ。オスルアー (male luer) と、メスルアー (female luer) の2種類があり、差し込むだけで簡単に気密性のよい接続ができる。注射器などの医療機器、理化学器具を中心に広く採用されている。接続口は直径約 4mm の円形で、6/100 のテーパーを持つ。詳細はISO 594 で規定されている。単純なはめ込み式のもののほか、より引張りに強いねじ式のものなどが利用されている。形状やメーカーによって、ルアーアダプター、ルアーロック、ルアーコネクター、ルアーフィットなど、様々な呼び方がされる。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1360859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1026 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 9 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47485259 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ルアーテーパー (luer taper) は、国際的に使用されている接続方法のひとつ。オスルアー (male luer) と、メスルアー (female luer) の2種類があり、差し込むだけで簡単に気密性のよい接続ができる。注射器などの医療機器、理化学器具を中心に広く採用されている。接続口は直径約 4mm の円形で、6/100 のテーパーを持つ。詳細はISO 594 で規定されている。単純なはめ込み式のもののほか、より引張りに強いねじ式のものなどが利用されている。形状やメーカーによって、ルアーアダプター、ルアーロック、ルアーコネクター、ルアーフィットなど、様々な呼び方がされる。
rdfs:label
  • ルアーテーパー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of