Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リード・アンド・シグリスト R.S.3(Reid and Sigrist R.S.3)は、第二次世界大戦中に戦後の使用に向けて開発されたイギリスの双発3座の高等練習機である。R.S.3は練習機として評価試験が実施されたが、この型式は生産に入らず後に実験機のR.S.4 ボブスレー(R.S.4 Bobsleigh)に改装された。操縦士が伏臥位で搭乗するこの実験機では、戦闘機への重力加速度の影響を最小限に抑えるという効果が確認された。
dbpedia-owl:aircraftUser
dbpedia-owl:firstFlight
dbpedia-owl:numberBuilt
  • 1 (xsd:integer)
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:type
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3141166 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 5275 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 40 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56438980 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Fp
  • lbf
prop-ja:アフターバーナー作動時推力Si
  • kN
prop-ja:エンジン名(プロペラ)_
prop-ja:エンジン数(プロペラ)_
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:エンジン種類(プロペラ)_
prop-ja:キャプション
  • リード・アンド・シグリスト R.S.3(1945年頃)
prop-ja:ジェットOrプロペラ?_
  • プロペラ
prop-ja:スパンFp
  • 34.0
prop-ja:スパンSi
  • 10.4 m
prop-ja:上昇限度Fp
  • 24000.0
prop-ja:上昇限度Si
  • 7,300 m
prop-ja:全長Fp
  • 777.24
prop-ja:全長Si
  • 7.77 m
prop-ja:全高Fp
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:全高Si
  • 2.72 m
prop-ja:出力Fp
  • 130.0
prop-ja:出力Si
  • 97.0
prop-ja:初飛行年月日
  • --07-09
prop-ja:名称
  • リード・アンド・シグリスト R.S.3
prop-ja:固定翼Or回転翼?_
  • 固定翼
prop-ja:失速速度More
  • 65 (xsd:integer)
prop-ja:失速速度Si
  • 105.0
prop-ja:巡航速度More
  • 150 (xsd:integer)
prop-ja:巡航速度Si
  • 240 (xsd:integer)
prop-ja:推力Fp
  • lbf
prop-ja:推力Si
  • kN
prop-ja:最大速度More
  • 162 (xsd:integer)
prop-ja:最大速度Si
  • 261 (xsd:integer)
prop-ja:滞空時間
  • 4.500000 (xsd:double)
prop-ja:生産数
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:用途
prop-ja:画像
  • File:R.S.3.jpg
prop-ja:航続距離More
  • 900 (xsd:integer)
prop-ja:航続距離Si
  • 1450.0
prop-ja:製造者
  • リード・アンド・シグリスト
prop-ja:設計者
  • Charles Bower
prop-ja:運用時重量Fp
  • 3300.0
prop-ja:運用時重量Si
  • 1500.0
prop-ja:運用者
prop-ja:運用開始年月日
  • 1945 (xsd:integer)
prop-ja:面積Fp
  • 212 (xsd:integer)
prop-ja:面積Si
  • 1182.0
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • リード・アンド・シグリスト R.S.3(Reid and Sigrist R.S.3)は、第二次世界大戦中に戦後の使用に向けて開発されたイギリスの双発3座の高等練習機である。R.S.3は練習機として評価試験が実施されたが、この型式は生産に入らず後に実験機のR.S.4 ボブスレー(R.S.4 Bobsleigh)に改装された。操縦士が伏臥位で搭乗するこの実験機では、戦闘機への重力加速度の影響を最小限に抑えるという効果が確認された。
rdfs:label
  • リード・アンド・シグリスト R.S.3
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • リード・アンド・シグリスト R.S.3
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of