Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リーガ・エスパニョーラ1995-1996は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの65回目のシーズンである。1995年9月2日から1996年5月26日に開催された。 本シーズンのプリメーラ・ディビシオンは、1996-1997シーズンまで暫定的に2チーム増やして全22チーム体制で運営されることになった。これは、昨シーズン(1994-1995)の5位「セビージャFC」と13位「セルタ・デ・ビーゴ」が、スペインサッカー連盟の定めた期限までに決算報告を提出しなかった罰則として、プロ資格の剥奪と3部のセグンダ・ディビシオンB(プロの1部プリメーラ・ディビシオンや2部のセグンダ・ディビシオンより下のクラスに相当し、アマチュアチームでも参加できるリーグ)に降格する処分を出した。さらに、入れ替え戦に敗退した17位「アルバセテ・バロンピエ」と自動降格枠であった19位の「レアル・バリャドリード」について、1部残留を決定する。しかし、本来なら降格圏内ではないチームに対しての連盟からの降格処分はスペイン各地で処分取り消し運動を引き起こし、結果として処分が取り消されることになった。一方、処分取り消しの決定に対して「アルバセテ・バロンピエ」と「レアル・バリャドリード」が抗議し、その結果、1996-1997シーズンまでの2年間に限り、22チームの拡大が認められることになった。 セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1994-1995成績上位によって自動昇格した「CPメリダ」・「ラーヨ・バジェカーノ」と、プリメーラ・ディビシオン1994-1995の17位「アルバセテ・バロンピエ」との入れ替え戦に勝利した「UDサラマンカ」の合わせて3チーム。なお、入れ替え戦に敗れた「アルバセテ・バロンピエ」も上記に述べた理由により、本季はプリメーラ・ディビシオンに参戦している。 「アトレティコ・マドリード」が1976-1977シーズン以来19季ぶり9回目の優勝を達成した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2642069 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 10396 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 134 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57194568 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:caption
  • リーガ・エスパニョーラ1995-1996のチーム所在地
  • リーガ・エスパニョーラ1995-1996のチーム本拠地
prop-ja:float
  • right
prop-ja:width
  • 150 (xsd:integer)
  • 320 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リーガ・エスパニョーラ1995-1996は、スペインの国内プロサッカーリーグ、リーガ・エスパニョーラの1部リーグのプリメーラ・ディビシオンの65回目のシーズンである。1995年9月2日から1996年5月26日に開催された。 本シーズンのプリメーラ・ディビシオンは、1996-1997シーズンまで暫定的に2チーム増やして全22チーム体制で運営されることになった。これは、昨シーズン(1994-1995)の5位「セビージャFC」と13位「セルタ・デ・ビーゴ」が、スペインサッカー連盟の定めた期限までに決算報告を提出しなかった罰則として、プロ資格の剥奪と3部のセグンダ・ディビシオンB(プロの1部プリメーラ・ディビシオンや2部のセグンダ・ディビシオンより下のクラスに相当し、アマチュアチームでも参加できるリーグ)に降格する処分を出した。さらに、入れ替え戦に敗退した17位「アルバセテ・バロンピエ」と自動降格枠であった19位の「レアル・バリャドリード」について、1部残留を決定する。しかし、本来なら降格圏内ではないチームに対しての連盟からの降格処分はスペイン各地で処分取り消し運動を引き起こし、結果として処分が取り消されることになった。一方、処分取り消しの決定に対して「アルバセテ・バロンピエ」と「レアル・バリャドリード」が抗議し、その結果、1996-1997シーズンまでの2年間に限り、22チームの拡大が認められることになった。 セグンダ・ディビシオンから昇格し、本季のプリメーラ・ディビシオンに参戦するのは、セグンダ・ディビシオン1994-1995成績上位によって自動昇格した「CPメリダ」・「ラーヨ・バジェカーノ」と、プリメーラ・ディビシオン1994-1995の17位「アルバセテ・バロンピエ」との入れ替え戦に勝利した「UDサラマンカ」の合わせて3チーム。なお、入れ替え戦に敗れた「アルバセテ・バロンピエ」も上記に述べた理由により、本季はプリメーラ・ディビシオンに参戦している。 「アトレティコ・マドリード」が1976-1977シーズン以来19季ぶり9回目の優勝を達成した。
rdfs:label
  • リーガ・エスパニョーラ1995-1996
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of