Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リンドン・ベインズ・ジョンソン(Lyndon Baines Johnson、1908年8月27日 - 1973年1月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。下院議員、上院議員、第37代副大統領、第36代大統領を歴任した。民主党ケネディ政権の副大統領を務め、ケネディ大統領が暗殺されると大統領に昇格、政権を引き継いだ。リベラルとして知られたケネディに対して、南部テキサス州出身のジョンソンは民主党の中では保守派と評されていたが、大統領就任にあたって掲げた貧困撲滅と公民権の確立を骨子とする「偉大な社会 (Great Society) 」政策は、非常にリベラル色の強いものであった。政権初期には、公民権法の早期成立に向けて議会をまとめることに努め、議会との関係が円滑でなかったケネディに比べて巧みな議会工作で法案を可決させた。その他にも内政においては達成した政治課題が多く、ジョンソン政権は同じ民主党のルーズベルト政権と並んで「大きな政府」による社会福祉や教育制度改革、人権擁護を積極的に推進した政権となった。しかし外交では、ケネディ政権から引き継いだベトナム戦争への軍事介入を拡大させ、国内に激しい反戦運動と世論の分裂をもたらした。現職として臨んだ1964年の大統領選では、ケネディへの同情票と昇格後1年間の政権の成果を評価する票で共和党候補を大差で破り、歴史的な大勝を果たした。しかし大統領選挙当選後、ベトナム戦争の泥沼にはまって身動きが取れなくなり、次の1968年の大統領選では再選どころか民主党大統領候補の指名を受けることが難しい状況に追い込まれ、1968年3月31日、全米に向けた大統領声明でそれまでのベトナム政策の劇的な転換を発表すると同時に大統領選再出馬をしないことを表明、自らの政治生命に幕を引いた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1163452 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 30705 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 245 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58786431 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:サイン
  • Lyndon B. Johnson signature 2.svg
prop-ja:人名
  • リンドン・ジョンソン
prop-ja:代数
  • 20 (xsd:integer)
  • 第37
prop-ja:元首
prop-ja:出生日
  • --08-27
prop-ja:副大統領
prop-ja:副大統領職
  • あり
prop-ja:各国語表記
  • Lyndon Johnson
prop-ja:国名
  • アメリカ合衆国
prop-ja:就任日
  • --01-20
  • --11-22
prop-ja:政党
prop-ja:死亡日
  • 1973-01-22 (xsd:date)
prop-ja:没地
  • テキサス州ジョンソンシティ
prop-ja:生地
  • テキサス州ストーンウォール
prop-ja:生死
  • 死去
prop-ja:画像
  • 37 (xsd:integer)
prop-ja:職名
prop-ja:退任日
  • --01-20
  • --11-22
prop-ja:配偶者
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リンドン・ベインズ・ジョンソン(Lyndon Baines Johnson、1908年8月27日 - 1973年1月22日)は、アメリカ合衆国の政治家。下院議員、上院議員、第37代副大統領、第36代大統領を歴任した。民主党ケネディ政権の副大統領を務め、ケネディ大統領が暗殺されると大統領に昇格、政権を引き継いだ。リベラルとして知られたケネディに対して、南部テキサス州出身のジョンソンは民主党の中では保守派と評されていたが、大統領就任にあたって掲げた貧困撲滅と公民権の確立を骨子とする「偉大な社会 (Great Society) 」政策は、非常にリベラル色の強いものであった。政権初期には、公民権法の早期成立に向けて議会をまとめることに努め、議会との関係が円滑でなかったケネディに比べて巧みな議会工作で法案を可決させた。その他にも内政においては達成した政治課題が多く、ジョンソン政権は同じ民主党のルーズベルト政権と並んで「大きな政府」による社会福祉や教育制度改革、人権擁護を積極的に推進した政権となった。しかし外交では、ケネディ政権から引き継いだベトナム戦争への軍事介入を拡大させ、国内に激しい反戦運動と世論の分裂をもたらした。現職として臨んだ1964年の大統領選では、ケネディへの同情票と昇格後1年間の政権の成果を評価する票で共和党候補を大差で破り、歴史的な大勝を果たした。しかし大統領選挙当選後、ベトナム戦争の泥沼にはまって身動きが取れなくなり、次の1968年の大統領選では再選どころか民主党大統領候補の指名を受けることが難しい状況に追い込まれ、1968年3月31日、全米に向けた大統領声明でそれまでのベトナム政策の劇的な転換を発表すると同時に大統領選再出馬をしないことを表明、自らの政治生命に幕を引いた。
rdfs:label
  • リンドン・ジョンソン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:opponents of
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:alongside of
is prop-ja:before of
is prop-ja:leader of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:president of
is prop-ja:spouse of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:vicepresident of
is prop-ja:元首 of
is prop-ja:元首職 of
is foaf:primaryTopic of