Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リンク式サスペンション(リンクしきサスペンション)とは、車軸懸架方式と呼ばれるサスペンション形式のひとつ。主に駆動方式がFRの乗用車や商用車の後車軸に、また、クロスカントリータイプの四輪駆動車や、トラック・バスでは前後軸ともに使用されている。ここでは、固定車軸のものについてのみ説明する。リンクを用いた独立懸架については、マルチリンク式サスペンションを参照のこと。また、1990年代の日産の一部のFF車に見られた、サスペンション部品のサプライヤーである「ヨロズ」の提案による「リアマルチリンクビーム」式は、トーションビーム式の横方向の規制を「スコットラッセルリンク」(Scott Russell linkage) という2つの特殊なリンクで行うもので、これも除外する。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 74781 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3936 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57782753 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リンク式サスペンション(リンクしきサスペンション)とは、車軸懸架方式と呼ばれるサスペンション形式のひとつ。主に駆動方式がFRの乗用車や商用車の後車軸に、また、クロスカントリータイプの四輪駆動車や、トラック・バスでは前後軸ともに使用されている。ここでは、固定車軸のものについてのみ説明する。リンクを用いた独立懸架については、マルチリンク式サスペンションを参照のこと。また、1990年代の日産の一部のFF車に見られた、サスペンション部品のサプライヤーである「ヨロズ」の提案による「リアマルチリンクビーム」式は、トーションビーム式の横方向の規制を「スコットラッセルリンク」(Scott Russell linkage) という2つの特殊なリンクで行うもので、これも除外する。
rdfs:label
  • リンク式サスペンション
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:サスペンション of
is foaf:primaryTopic of