Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リンクフリー(和製英語:link free)は、ウェブサイトにおいて「断り無しでリンクして構わない」という意味を表す和製英語。日本のインターネット社会で作られ日本でのみ通じる概念である。これには「ハイパーリンクを貼るにはリンク先のサイト管理者に対して許可を取るべきだ」という考えが前提にあるが、この前提はハイパーテキストによる情報の結合・情報資源の共有という Web の理念からは程遠い。よって、記述のあるなしに拘らず、すべてのウェブページはリンクフリーであると言える。ちなみに英語でlink freeと言えば、普通は「リンクから解放されている」つまり「どこにもリンクしていない」あるいは「どこからもリンクされていない」という意味に解釈される。リンクフリーの意味を英語で伝えるならFeel free to link to this site( this page, me)などと書けば、意味合いとしては通じる。ただし世界的にはそのような習慣は無いので、わざわざ断わりを入れた意図を理解されない可能性が高い。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 129875 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 79 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 3 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRedirects
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58289340 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リンクフリー(和製英語:link free)は、ウェブサイトにおいて「断り無しでリンクして構わない」という意味を表す和製英語。日本のインターネット社会で作られ日本でのみ通じる概念である。これには「ハイパーリンクを貼るにはリンク先のサイト管理者に対して許可を取るべきだ」という考えが前提にあるが、この前提はハイパーテキストによる情報の結合・情報資源の共有という Web の理念からは程遠い。よって、記述のあるなしに拘らず、すべてのウェブページはリンクフリーであると言える。ちなみに英語でlink freeと言えば、普通は「リンクから解放されている」つまり「どこにもリンクしていない」あるいは「どこからもリンクされていない」という意味に解釈される。リンクフリーの意味を英語で伝えるならFeel free to link to this site( this page, me)などと書けば、意味合いとしては通じる。ただし世界的にはそのような習慣は無いので、わざわざ断わりを入れた意図を理解されない可能性が高い。
rdfs:label
  • リンクフリー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of