Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リロケータブルバイナリとは、リロケータブルな性質を持つバイナリである。普通、コンピュータの機械語(実行形式)では、実効アドレスの記述には絶対アドレスが用いられる。この場合、プログラムファイルを置くアドレス位置は一箇所に固定され、そのままでは別アドレス位置に置いて実行することはできない。そこで、あらかじめ絶対アドレスの記述に代えて仮想のアドレス指定をしておき、実行形式のプログラムファイルを生成する際にはじめて絶対アドレスを記述する(このためのソフトウェアを「リンケージエディタ」と呼ぶ)ようにすれば、メモリ空間のどこにでもその実行形式プログラムを置くことができる。分割コンパイルで出力されるオブジェクトやバイナリライブラリはたいていリロケータブルバイナリである。CPUやOSの仕様によっては、実行形式の機械語プログラムに絶対アドレスをまったく用いないことにして、そのまま任意のアドレスにロードできるようにしたものもある。そのようなコードを位置独立コードという。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 885015 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 669 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 12 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57033857 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リロケータブルバイナリとは、リロケータブルな性質を持つバイナリである。普通、コンピュータの機械語(実行形式)では、実効アドレスの記述には絶対アドレスが用いられる。この場合、プログラムファイルを置くアドレス位置は一箇所に固定され、そのままでは別アドレス位置に置いて実行することはできない。そこで、あらかじめ絶対アドレスの記述に代えて仮想のアドレス指定をしておき、実行形式のプログラムファイルを生成する際にはじめて絶対アドレスを記述する(このためのソフトウェアを「リンケージエディタ」と呼ぶ)ようにすれば、メモリ空間のどこにでもその実行形式プログラムを置くことができる。分割コンパイルで出力されるオブジェクトやバイナリライブラリはたいていリロケータブルバイナリである。CPUやOSの仕様によっては、実行形式の機械語プログラムに絶対アドレスをまったく用いないことにして、そのまま任意のアドレスにロードできるようにしたものもある。そのようなコードを位置独立コードという。
rdfs:label
  • リロケータブルバイナリ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of