Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リリウス日(Lilian Day number)とはグレゴリオ暦開始日からの通算の日数である。LDと略される。ユリウス通日とは異なり、リリウス日は常に整数である。グレゴリオ暦開始日である1582年10月15日のリリウス日の値が1となり、以後は2、3、4と増える。満月の判定と、それに伴う復活祭の決定に用いられる。名称はグレゴリオ暦制定の際に改暦委員であった天文学者アロイシウス・リリウス(Aloysius Lilius)にちなむ。現代では天文計算の分野ではユリウス通日が主に用いられ、リリウス日は復活祭決定時以外はあまり使用されない。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 842380 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 730 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 14 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58424105 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リリウス日(Lilian Day number)とはグレゴリオ暦開始日からの通算の日数である。LDと略される。ユリウス通日とは異なり、リリウス日は常に整数である。グレゴリオ暦開始日である1582年10月15日のリリウス日の値が1となり、以後は2、3、4と増える。満月の判定と、それに伴う復活祭の決定に用いられる。名称はグレゴリオ暦制定の際に改暦委員であった天文学者アロイシウス・リリウス(Aloysius Lilius)にちなむ。現代では天文計算の分野ではユリウス通日が主に用いられ、リリウス日は復活祭決定時以外はあまり使用されない。
rdfs:label
  • リリウス日
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of