Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リュシマコス(希:Λυσίμαχος、ラテン文字転記:LysimachosまたはLysimachus)は、ギリシア人に見られる男性名である。アリステイデスの父。リュシマコス (アリステイデスの子) - アリステイデスの息子。上記人物の孫。紀元前436年から翌年のアテナイのエポニュモス・アルコン。リュシマコス - アレクサンドロス3世の将軍で、ディアドコイの一人。リュシマコス (リュシマコスの子) - 上記人物の息子。リュシマコス (プトレマイオス2世の子) - ディアドコイのリュシマコスの孫。ピリッポス5世の友人で相談役。彼によってデメトリオスの裁判のための秘密の相談において彼を補佐するよう二人の選ばれた人物の一人。ガザでアレクサンドロス・ヤンナイオスに敗れた将軍アポロドロスの兄弟。彼はアポロドロス暗殺の原因となり、次いでアレクサンドロスに市を引き渡した。ヘロデの友人の一人で、コストバロスの陰謀に加担したために彼によって処刑されたユダヤ人。リュシマコス (喜劇詩人) - 喜劇詩人。スーダ辞典とハルポクラティオン、弁論家リュクルゴスによって彼の演説において言及された、ほどほどの値打ちしかない抒情詩人。アカルナニアのリュシマコス - アレクサンドロス3世の師の一人。リュシマコス (哲学者) - 哲学者。リュシマコス (文法学者) - アレクサンドレイアの文法学者。しばしばウァロ、コルメッラ、そしてプリニウスによって参照された農業についての著者。リュシマコス (医師) - コス島の医師。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2540627 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1107 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 39 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47431269 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リュシマコス(希:Λυσίμαχος、ラテン文字転記:LysimachosまたはLysimachus)は、ギリシア人に見られる男性名である。アリステイデスの父。リュシマコス (アリステイデスの子) - アリステイデスの息子。上記人物の孫。紀元前436年から翌年のアテナイのエポニュモス・アルコン。リュシマコス - アレクサンドロス3世の将軍で、ディアドコイの一人。リュシマコス (リュシマコスの子) - 上記人物の息子。リュシマコス (プトレマイオス2世の子) - ディアドコイのリュシマコスの孫。ピリッポス5世の友人で相談役。彼によってデメトリオスの裁判のための秘密の相談において彼を補佐するよう二人の選ばれた人物の一人。ガザでアレクサンドロス・ヤンナイオスに敗れた将軍アポロドロスの兄弟。彼はアポロドロス暗殺の原因となり、次いでアレクサンドロスに市を引き渡した。ヘロデの友人の一人で、コストバロスの陰謀に加担したために彼によって処刑されたユダヤ人。リュシマコス (喜劇詩人) - 喜劇詩人。スーダ辞典とハルポクラティオン、弁論家リュクルゴスによって彼の演説において言及された、ほどほどの値打ちしかない抒情詩人。アカルナニアのリュシマコス - アレクサンドロス3世の師の一人。リュシマコス (哲学者) - 哲学者。リュシマコス (文法学者) - アレクサンドレイアの文法学者。しばしばウァロ、コルメッラ、そしてプリニウスによって参照された農業についての著者。リュシマコス (医師) - コス島の医師。
rdfs:label
  • リュシマコス (曖昧さ回避)
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is foaf:primaryTopic of