Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リモートセンシング (Remote Sensing) とは、対象を遠隔から測定する手段であり、その定義は幅広い。しかし、狭義には、人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測する技術を指すことが多い。リモートセンシングには、観測装置(センサー)と、それを上空に運ぶためのプラットフォームが必要である。観測装置としては、写真、放射計、レーザープロファイラー、レーダーなどが使われる。プラットフォームとしては、飛行機、気球、ヘリコプター、人工衛星などが使われる。広範囲を観測できる、人が行きにくい場所(危険地域)が観測できる、などの利点がある。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 48740 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4229 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 51445122 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リモートセンシング (Remote Sensing) とは、対象を遠隔から測定する手段であり、その定義は幅広い。しかし、狭義には、人工衛星や航空機などから地球表面付近を観測する技術を指すことが多い。リモートセンシングには、観測装置(センサー)と、それを上空に運ぶためのプラットフォームが必要である。観測装置としては、写真、放射計、レーザープロファイラー、レーダーなどが使われる。プラットフォームとしては、飛行機、気球、ヘリコプター、人工衛星などが使われる。広範囲を観測できる、人が行きにくい場所(危険地域)が観測できる、などの利点がある。
rdfs:label
  • リモートセンシング
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:function of
is prop-ja:事業内容 of
is prop-ja:目的 of
is foaf:primaryTopic of