リベンジ(英: revenge、仏: revencher)とは、 * 1.(第一の意味、本来の意味)ある人が傷つけられたり不当に扱われたことへの仕返しで、そうされた当人が自分自身の手で、相手を傷つけたり危害をあたえること(Oxford辞典での説明)。 * 1.2 (派生的な用法、スポーツの文脈で) ある対戦で自分(や自チーム)を打ち負かした相手を、その次の対戦で打ち負かしてやること(Oxford辞典での説明)。 英語でリベンジ(英: revenge)というのは、アベンジ (英: avenge)という語・概念と対比されて使われている。「リベンジ」は、あくまで自分に焦点を当てた心情で行われていることを指しており、(自分のことだけ考えていて)「やられた当人がやりかえす」ということであるのに対して、アベンジのほうは、自分にであれ他者にであれ、傷つけることや害をおよぼすような人がいれば、その「お返し」に傷つけてやること。つまりアベンジというのは、リベンジよりも、もっと広く他者を想うような心のはたらき、いわば「公共の正義」を重んじるような心に基づいた行為を指す傾向がある。

Property Value
dbo:abstract
  • リベンジ(英: revenge、仏: revencher)とは、 * 1.(第一の意味、本来の意味)ある人が傷つけられたり不当に扱われたことへの仕返しで、そうされた当人が自分自身の手で、相手を傷つけたり危害をあたえること(Oxford辞典での説明)。 * 1.2 (派生的な用法、スポーツの文脈で) ある対戦で自分(や自チーム)を打ち負かした相手を、その次の対戦で打ち負かしてやること(Oxford辞典での説明)。 英語でリベンジ(英: revenge)というのは、アベンジ (英: avenge)という語・概念と対比されて使われている。「リベンジ」は、あくまで自分に焦点を当てた心情で行われていることを指しており、(自分のことだけ考えていて)「やられた当人がやりかえす」ということであるのに対して、アベンジのほうは、自分にであれ他者にであれ、傷つけることや害をおよぼすような人がいれば、その「お返し」に傷つけてやること。つまりアベンジというのは、リベンジよりも、もっと広く他者を想うような心のはたらき、いわば「公共の正義」を重んじるような心に基づいた行為を指す傾向がある。 日本語では(もともとの英語のように「avenge アベンジ」との対比まで感じさせるような、かつ短い翻訳語は無いわけであるが)日本の国語辞書では、英語の1の意味では、復讐や報復や「仇討ち(あだうち)」といった訳語が当てられ、2.の意味に関しては、「競技で一度敗れたことのある相手を打ち負かすこと」「借りを返すこと」と説明されている。 漢字表現では「雪辱する」とか短く「雪辱」とも。「雪辱」とは、「侮辱」された(はずかしめを受けた)場合に、そのはずかしめをきれいに拭い去る、ということで、(「恥」や「面子(めんつ)」や「プライド」という感覚が含まれているが)これも翻訳としては妥当な範囲である。 リベンジの本来の意味は個人的な報復、個人的な仕返しであり、英語を使える日本人は、カタカナで表記する場合でも、その意味通りに使っている。また英語通りに、派生的な意味で、競技やスポーツの文脈でも使っている。両方の意味で使っている。 (ja)
  • リベンジ(英: revenge、仏: revencher)とは、 * 1.(第一の意味、本来の意味)ある人が傷つけられたり不当に扱われたことへの仕返しで、そうされた当人が自分自身の手で、相手を傷つけたり危害をあたえること(Oxford辞典での説明)。 * 1.2 (派生的な用法、スポーツの文脈で) ある対戦で自分(や自チーム)を打ち負かした相手を、その次の対戦で打ち負かしてやること(Oxford辞典での説明)。 英語でリベンジ(英: revenge)というのは、アベンジ (英: avenge)という語・概念と対比されて使われている。「リベンジ」は、あくまで自分に焦点を当てた心情で行われていることを指しており、(自分のことだけ考えていて)「やられた当人がやりかえす」ということであるのに対して、アベンジのほうは、自分にであれ他者にであれ、傷つけることや害をおよぼすような人がいれば、その「お返し」に傷つけてやること。つまりアベンジというのは、リベンジよりも、もっと広く他者を想うような心のはたらき、いわば「公共の正義」を重んじるような心に基づいた行為を指す傾向がある。 日本語では(もともとの英語のように「avenge アベンジ」との対比まで感じさせるような、かつ短い翻訳語は無いわけであるが)日本の国語辞書では、英語の1の意味では、復讐や報復や「仇討ち(あだうち)」といった訳語が当てられ、2.の意味に関しては、「競技で一度敗れたことのある相手を打ち負かすこと」「借りを返すこと」と説明されている。 漢字表現では「雪辱する」とか短く「雪辱」とも。「雪辱」とは、「侮辱」された(はずかしめを受けた)場合に、そのはずかしめをきれいに拭い去る、ということで、(「恥」や「面子(めんつ)」や「プライド」という感覚が含まれているが)これも翻訳としては妥当な範囲である。 リベンジの本来の意味は個人的な報復、個人的な仕返しであり、英語を使える日本人は、カタカナで表記する場合でも、その意味通りに使っている。また英語通りに、派生的な意味で、競技やスポーツの文脈でも使っている。両方の意味で使っている。 (ja)
dbo:wikiPageID
  • 382918 (xsd:integer)
dbo:wikiPageInterLanguageLink
dbo:wikiPageLength
  • 6021 (xsd:nonNegativeInteger)
dbo:wikiPageRevisionID
  • 78808811 (xsd:integer)
dbo:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dct:subject
rdfs:comment
  • リベンジ(英: revenge、仏: revencher)とは、 * 1.(第一の意味、本来の意味)ある人が傷つけられたり不当に扱われたことへの仕返しで、そうされた当人が自分自身の手で、相手を傷つけたり危害をあたえること(Oxford辞典での説明)。 * 1.2 (派生的な用法、スポーツの文脈で) ある対戦で自分(や自チーム)を打ち負かした相手を、その次の対戦で打ち負かしてやること(Oxford辞典での説明)。 英語でリベンジ(英: revenge)というのは、アベンジ (英: avenge)という語・概念と対比されて使われている。「リベンジ」は、あくまで自分に焦点を当てた心情で行われていることを指しており、(自分のことだけ考えていて)「やられた当人がやりかえす」ということであるのに対して、アベンジのほうは、自分にであれ他者にであれ、傷つけることや害をおよぼすような人がいれば、その「お返し」に傷つけてやること。つまりアベンジというのは、リベンジよりも、もっと広く他者を想うような心のはたらき、いわば「公共の正義」を重んじるような心に基づいた行為を指す傾向がある。 (ja)
  • リベンジ(英: revenge、仏: revencher)とは、 * 1.(第一の意味、本来の意味)ある人が傷つけられたり不当に扱われたことへの仕返しで、そうされた当人が自分自身の手で、相手を傷つけたり危害をあたえること(Oxford辞典での説明)。 * 1.2 (派生的な用法、スポーツの文脈で) ある対戦で自分(や自チーム)を打ち負かした相手を、その次の対戦で打ち負かしてやること(Oxford辞典での説明)。 英語でリベンジ(英: revenge)というのは、アベンジ (英: avenge)という語・概念と対比されて使われている。「リベンジ」は、あくまで自分に焦点を当てた心情で行われていることを指しており、(自分のことだけ考えていて)「やられた当人がやりかえす」ということであるのに対して、アベンジのほうは、自分にであれ他者にであれ、傷つけることや害をおよぼすような人がいれば、その「お返し」に傷つけてやること。つまりアベンジというのは、リベンジよりも、もっと広く他者を想うような心のはたらき、いわば「公共の正義」を重んじるような心に基づいた行為を指す傾向がある。 (ja)
rdfs:label
  • リベンジ (ja)
  • リベンジ (ja)
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbo:genre of
is dbo:notableWork of
is dbo:wikiPageDisambiguates of
is dbo:wikiPageRedirects of
is dbo:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of