Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リフトアップ(ハイリフトとも言う)とは、主に自動車を改造して車高(最低地上高)を上げる改造手法、または車高を上げた状態のことである。主にオフロードを走行する大型4WD車やピックアップトラック、4WDバンなどに多く見られるが、エアサスペンション等を装備した車種で車高調整機能(ハイトコントロール)を有する車両で車高を最大限に上げた場合にも結果的にリフトアップとなることもある。本来は前後バンパーを取り外してタイヤも含めたホイールのインチアップと併用する事で、オフロード走行時の斜面へのアプローチアングル性能の改善を図り、走破性能を高める事が目的であるが、後述のボディリフトに代表されるようにドレスアップを目的として車体の威圧感や迫力を高める目的のみで行われる事も多い。ルーフレール等を利用して荷台を設け車両全高を高める事や、ボディ上部を切断(多くは板金などの処理をして再び接合)して車両全高を上げた場合は、本稿でのリフトアップとは区別されることがほとんどである。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2013102 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4163 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 67 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57484156 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リフトアップ(ハイリフトとも言う)とは、主に自動車を改造して車高(最低地上高)を上げる改造手法、または車高を上げた状態のことである。主にオフロードを走行する大型4WD車やピックアップトラック、4WDバンなどに多く見られるが、エアサスペンション等を装備した車種で車高調整機能(ハイトコントロール)を有する車両で車高を最大限に上げた場合にも結果的にリフトアップとなることもある。本来は前後バンパーを取り外してタイヤも含めたホイールのインチアップと併用する事で、オフロード走行時の斜面へのアプローチアングル性能の改善を図り、走破性能を高める事が目的であるが、後述のボディリフトに代表されるようにドレスアップを目的として車体の威圧感や迫力を高める目的のみで行われる事も多い。ルーフレール等を利用して荷台を設け車両全高を高める事や、ボディ上部を切断(多くは板金などの処理をして再び接合)して車両全高を上げた場合は、本稿でのリフトアップとは区別されることがほとんどである。
rdfs:label
  • リフトアップ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of