Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リフォージャー演習(Exercise REFORGER)は、冷戦期に北大西洋条約機構(NATO)が行っていた軍事演習。部隊実働演習であり、西ドイツへの増援部隊配備演習であった。リフォージャー(REFORGER)とは"from REturn of FORces to GERmany"(ドイツへの軍の帰還)のアクロニムである。この演習は1967年以降、1993年まで1989年を除き、毎年行われた。実戦的な演習であり、ホット・ウォーとなった場合が考慮され、演習と実作戦の差異は少ないように設定された。増援演習であるため、軍事空輸コマンド(MAC)や海上輸送司令部(MSC)、民間予備航空隊が重要な役割を果たした。冷戦の終結により、欧州における大規模軍事衝突の恐れが減少したため、演習は行われなくなった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1207508 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6653 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 136 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47207763 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リフォージャー演習(Exercise REFORGER)は、冷戦期に北大西洋条約機構(NATO)が行っていた軍事演習。部隊実働演習であり、西ドイツへの増援部隊配備演習であった。リフォージャー(REFORGER)とは"from REturn of FORces to GERmany"(ドイツへの軍の帰還)のアクロニムである。この演習は1967年以降、1993年まで1989年を除き、毎年行われた。実戦的な演習であり、ホット・ウォーとなった場合が考慮され、演習と実作戦の差異は少ないように設定された。増援演習であるため、軍事空輸コマンド(MAC)や海上輸送司令部(MSC)、民間予備航空隊が重要な役割を果たした。冷戦の終結により、欧州における大規模軍事衝突の恐れが減少したため、演習は行われなくなった。
rdfs:label
  • リフォージャー演習
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of