Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リファール(Lyphard、1969年 - 2005年)はフランスの競走馬。フランス・イギリス・アイルランドで走り12戦6勝の成績を残した。種牡馬としても成功し、子孫はリファール系を形成している。名前の由来はセルジュ・リファール(Serge Lifar、1905年 - 1986年)より。フランスの短距離戦を中心に活躍。ジャック・ル・マロワ賞 (G1) 、フォレ賞 (G1) 、ダリュー賞 (G2) に勝利し1,020,239フランの賞金を獲得した。3歳時はクラシックにも挑戦したがエプソムダービー、アイリッシュダービー、リュパン賞ともに距離が長く敗れている。ほかにムーラン・ド・ロンシャン賞の2着など。引退後は最初フランスのエトレアム牧場で、のちに(1978年-)アメリカのゲインズウェイファームで種牡馬として供用された。種牡馬成績は現役時代を凌ぐほどで1986年にはアメリカのリーディングサイアー、1978年と1979年にはフランスのリーディングサイアーに輝く成功を収めた。代表産駒は日本にも輸出されたダンシングブレーヴである。ほかにフランスクラシックホースを中心にG1馬だけで20頭ほどの産駒がいる。1996年に種牡馬を引退。2005年6月10日にゲインズウェイ・ファームで老衰により死亡した。36歳という記録的な長寿だった。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 387301 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3113 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 88 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56566625 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:f
prop-ja:ff
prop-ja:fff
prop-ja:ffff
  • Pharos
prop-ja:fffm
  • Nogara
prop-ja:ffm
  • Lady Angela
prop-ja:ffmf
prop-ja:ffmm
  • Sister Sarah
prop-ja:fm
prop-ja:fmf
prop-ja:fmff
prop-ja:fmfm
  • Geisha
prop-ja:fmm
prop-ja:fmmf
prop-ja:fmmm
  • Arbirator
prop-ja:inf
  • (ノーザンダンサー系 / Pharos・Fairway 4×4=12.50%、Gainsborough 5×5=6.25%)
prop-ja:jbis
  • 334968 (xsd:integer)
prop-ja:m
  • 1960 (xsd:integer)
  • Goofed
prop-ja:mf
prop-ja:mff
prop-ja:mfff
  • Fairway
prop-ja:mffm
  • Lady Juror
prop-ja:mfm
  • Instantaneous
prop-ja:mfmf
prop-ja:mfmm
  • Picture
prop-ja:mm
  • 1950 (xsd:integer)
  • Barra
prop-ja:mmf
  • Formor
prop-ja:mmff
prop-ja:mmfm
  • Formose
prop-ja:mmm
  • La Favorite
prop-ja:mmmf
  • Biribi
prop-ja:mmmm
  • La Pompadour F-No.17-b
prop-ja:name
  • リファール
prop-ja:netkeiba
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:
  • Mme.Pierre Wertheimer
prop-ja:
  • リファール
prop-ja:
prop-ja:
  • --06-10
prop-ja:
  • Goofed
prop-ja:
prop-ja:
  • 1969 (xsd:integer)
prop-ja:
  • Mrs. J. O. Burgwin
prop-ja:
prop-ja:
  • 12 (xsd:integer)
prop-ja:
prop-ja:調
prop-ja:
  • 102 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リファール(Lyphard、1969年 - 2005年)はフランスの競走馬。フランス・イギリス・アイルランドで走り12戦6勝の成績を残した。種牡馬としても成功し、子孫はリファール系を形成している。名前の由来はセルジュ・リファール(Serge Lifar、1905年 - 1986年)より。フランスの短距離戦を中心に活躍。ジャック・ル・マロワ賞 (G1) 、フォレ賞 (G1) 、ダリュー賞 (G2) に勝利し1,020,239フランの賞金を獲得した。3歳時はクラシックにも挑戦したがエプソムダービー、アイリッシュダービー、リュパン賞ともに距離が長く敗れている。ほかにムーラン・ド・ロンシャン賞の2着など。引退後は最初フランスのエトレアム牧場で、のちに(1978年-)アメリカのゲインズウェイファームで種牡馬として供用された。種牡馬成績は現役時代を凌ぐほどで1986年にはアメリカのリーディングサイアー、1978年と1979年にはフランスのリーディングサイアーに輝く成功を収めた。代表産駒は日本にも輸出されたダンシングブレーヴである。ほかにフランスクラシックホースを中心にG1馬だけで20頭ほどの産駒がいる。1996年に種牡馬を引退。2005年6月10日にゲインズウェイ・ファームで老衰により死亡した。36歳という記録的な長寿だった。
rdfs:label
  • リファール
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:f of
is prop-ja:ff of
is prop-ja:fff of
is prop-ja:ffff of
is prop-ja:ffmf of
is prop-ja:fmf of
is prop-ja:fmff of
is prop-ja:fmmf of
is prop-ja:mf of
is prop-ja:mff of
is prop-ja:mfff of
is prop-ja:mfmf of
is prop-ja:mmf of
is prop-ja:mmff of
is prop-ja:mmmf of
is prop-ja:母父 of
is prop-ja: of
is foaf:primaryTopic of