Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを差す音楽用語。日本独自の呼称であり、現地ではマージー・ビート(Merseybeat)、ビート・ミュージック(Beat Music)、ブリティッシュ・ビート(British Beat)などと呼称された。ロックンロール、ドゥー・ワップ、スキッフル、R&B、ソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった。1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカのポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 4029 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4288 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 87 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 55431296 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リバプールサウンドとは、1960年代前半にイギリスで勃興したロックンロールのムーブメントおよびそこから確立したジャンルを差す音楽用語。日本独自の呼称であり、現地ではマージー・ビート(Merseybeat)、ビート・ミュージック(Beat Music)、ブリティッシュ・ビート(British Beat)などと呼称された。ロックンロール、ドゥー・ワップ、スキッフル、R&B、ソウル・ミュージックなど様々な既成の音楽が融合され、1960年代中盤まで進化・分化していった。1964年以降、このムーブメントから生まれたバンドが次々とアメリカのポップ・ミュージック界に進出してヒットチャートを賑わせ、第1次ブリティッシュ・インヴェイジョンのリーダー役となった。
rdfs:label
  • リバプールサウンド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:genre of
is prop-ja:influences of
is prop-ja:regionalScenes of
is foaf:primaryTopic of