Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 『リトル・ミス・サンシャイン』(Little Miss Sunshine)は、2006年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ、ロードムービーで、ジョナサン・デイトン及びヴァレリー・ファリス夫婦の監督デビュー映画である。脚本は本作が脚本家デビューとなるマイケル・アーントが執筆した。出演はグレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキンであり、ビッグ・ビーチ・フィルムズが800万ドルの予算で製作した。撮影は2005年6月6日に始まり、アリゾナ州及び南カリフォルニアで約30日かけて行われた。2006年1月20日にサンダンス映画祭にプレア放映され、その後フォックス・サーチライト・ピクチャーズが同映画祭史上最高額の契約金を支払って配給権を獲得した。北アメリカでは2006年7月26日に限定公開が始まり、8月18日に拡大された。『リトル・ミス・サンシャイン』は批評家に高く評価され、世界興行収入は1億ドルを超えた。第79回アカデミー賞では作品賞を含む4部門でノミネートされ、脚本賞(アーント)と助演男優賞(アーキン)を獲得した。
dbpedia-owl:country
dbpedia-owl:director
dbpedia-owl:distributor
dbpedia-owl:editing
dbpedia-owl:gross
  • 1.00523181E8
dbpedia-owl:language
dbpedia-owl:musicComposer
dbpedia-owl:producer
dbpedia-owl:releaseDate
  • 1923-02-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:starring
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 658216 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 43798 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 164 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56621503 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dbpedia-owl:writer
prop-ja:artist
  • 多数のアーティスト
prop-ja:genre
prop-ja:headline
  • Little Miss Sunshine: Original Motion Picture Soundtrack
prop-ja:length
  • 65.0
  • 98.0
  • 152.0
  • 201.0
  • 339.0
  • 74.0
  • 236.0
  • 242.0
  • 287.0
  • 184.0
  • 204.0
  • 253.0
  • 367.0
  • 83.0
prop-ja:name
  • Little Miss Sunshine: Original Motion Picture Soundtrack
prop-ja:producer
prop-ja:released
  • 2006-07-11 (xsd:date)
prop-ja:rev
prop-ja:title
  • Chicago
  • Catwalkin'
  • Do You Think There's a Heaven
  • First Push
  • How It Ends
  • La Llorona
  • Let's Go
  • No Man's Land
  • No One Gets Left Behind
  • Super Freak
  • The Winner Is
  • Til the End of Time
  • We're Gonna Make It
  • You Love Me
prop-ja:totalLength
  • 2791.0
prop-ja:type
  • Soundtrack
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:writer
prop-ja:writingCredits
  • yes
prop-ja:上映時間
  • 100 (xsd:integer)
prop-ja:作品名
  • リトル・ミス・サンシャイン
prop-ja:公開
  • --01-20
  • --07-26
  • --12-23
prop-ja:出演者
prop-ja:原題
  • Little Miss Sunshine
prop-ja:監督
prop-ja:編集
prop-ja:脚本
prop-ja:興行収入
  • 1.00523181E8
prop-ja:製作
prop-ja:製作会社
  • ディープ・リヴァー・プロダクションズ
  • サード・ギア・プロダクションズ
  • ボナ・ファイド・プロダクションズ
prop-ja:製作総指揮
  • ジェブ・ブロディ
  • マイケル・ビューグ
prop-ja:製作費
  • 8000000.0
prop-ja:言語
prop-ja:配給
  • 20 (xsd:integer)
  • フォックス・サーチライト
prop-ja:音楽
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • 『リトル・ミス・サンシャイン』(Little Miss Sunshine)は、2006年のアメリカ合衆国のコメディ・ドラマ、ロードムービーで、ジョナサン・デイトン及びヴァレリー・ファリス夫婦の監督デビュー映画である。脚本は本作が脚本家デビューとなるマイケル・アーントが執筆した。出演はグレッグ・キニア、スティーヴ・カレル、トニ・コレット、ポール・ダノ、アビゲイル・ブレスリン、アラン・アーキンであり、ビッグ・ビーチ・フィルムズが800万ドルの予算で製作した。撮影は2005年6月6日に始まり、アリゾナ州及び南カリフォルニアで約30日かけて行われた。2006年1月20日にサンダンス映画祭にプレア放映され、その後フォックス・サーチライト・ピクチャーズが同映画祭史上最高額の契約金を支払って配給権を獲得した。北アメリカでは2006年7月26日に限定公開が始まり、8月18日に拡大された。『リトル・ミス・サンシャイン』は批評家に高く評価され、世界興行収入は1億ドルを超えた。第79回アカデミー賞では作品賞を含む4部門でノミネートされ、脚本賞(アーント)と助演男優賞(アーキン)を獲得した。
rdfs:label
  • リトル・ミス・サンシャイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • リトル・ミス・サンシャイン
is dbpedia-owl:cesarAward of
is dbpedia-owl:notableWork of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of