Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リトル・デーヴィッド(英: Little David)とは第二次世界大戦末期にアメリカ軍が航空機用爆弾の試験装置を転用して開発した世界最大の重迫撃砲である。口径は36インチ(914 mm)。アメリカ軍が日本本土に上陸した時に強固な防御陣地に対して使用する計画だったが、日本が降伏したために、実戦で使用されることはなかった。輸送するときは2台の牽引自動車で運ばれることになっていた。設置するときは箱形の砲台を地面に埋める必要があり、設置には時間がかかる。装填は砲身を水平にして砲弾をクレーンで吊り上げて行った。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1607679 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4738 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57907035 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リトル・デーヴィッド(英: Little David)とは第二次世界大戦末期にアメリカ軍が航空機用爆弾の試験装置を転用して開発した世界最大の重迫撃砲である。口径は36インチ(914 mm)。アメリカ軍が日本本土に上陸した時に強固な防御陣地に対して使用する計画だったが、日本が降伏したために、実戦で使用されることはなかった。輸送するときは2台の牽引自動車で運ばれることになっていた。設置するときは箱形の砲台を地面に埋める必要があり、設置には時間がかかる。装填は砲身を水平にして砲弾をクレーンで吊り上げて行った。
rdfs:label
  • リトル・デーヴィッド
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of