Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リトアニア大公国Lietuvos Didžioji Kunigaikštystėリトアニア大公国の位置1387年頃の領土リトアニア大公国(リトアニアたいこうこく、リトアニア語: Lietuvos Didžioji Kunigaikštystė、ベラルーシ語: Вялікае Княства Літоўскае)は、12世紀? - 1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてリトアニア人(リトヴィン人)と呼ばれるようになった。リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 171919 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 6941 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 178 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57863118 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:亡国時期
  • 1569 (xsd:integer)
prop-ja:人口値
  • 4250000 (xsd:integer)
prop-ja:人口測定時期
  • 1490 (xsd:integer)
prop-ja:位置画像
  • Lietuva ir Lenkija.Lithuania and Poland 1387.png
prop-ja:位置画像説明
  • 1387 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代始
  • 1251 (xsd:integer)
  • 1548 (xsd:integer)
  • 1764 (xsd:integer)
prop-ja:元首等年代終
  • 1263 (xsd:integer)
  • 1572 (xsd:integer)
  • 1795 (xsd:integer)
prop-ja:元首等氏名
prop-ja:元首等肩書
prop-ja:先代
  • バルト人
  • ヴォルィーニ公国
prop-ja:先旗
  • Alex Volhynia.svg
  • Baltic Tribes c 1200.svg
prop-ja:公式国名
  • Lietuvos Didžioji Kunigaikštystė
prop-ja:公用語
prop-ja:国旗リンク
prop-ja:国旗画像
  • Alex K Grundwald flags 1410-03.svg
prop-ja:国章リンク
prop-ja:国章画像
  • Grand Ducal Coat of Arms of Lithuania.svg
prop-ja:変遷
prop-ja:変遷年月日
  • 1263 (xsd:integer)
  • --07-01
  • --07-17
  • --08-14
prop-ja:建国時期
  • 1251 (xsd:integer)
prop-ja:日本語国名
  • リトアニア大公国
prop-ja:次代
  • ポーランド・リトアニア共和国
prop-ja:次旗
  • Chorągiew królewska króla Zygmunta III Wazy.svg
prop-ja:通貨
  • :en:Gold zlotas
prop-ja:面積値
  • 700000 (xsd:integer)
  • 800000 (xsd:integer)
  • 850000 (xsd:integer)
prop-ja:面積測定時期
  • 13 (xsd:integer)
  • 1392 (xsd:integer)
  • 1490 (xsd:integer)
prop-ja:首都
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リトアニア大公国Lietuvos Didžioji Kunigaikštystėリトアニア大公国の位置1387年頃の領土リトアニア大公国(リトアニアたいこうこく、リトアニア語: Lietuvos Didžioji Kunigaikštystė、ベラルーシ語: Вялікае Княства Літоўскае)は、12世紀? - 1795年のあいだにリトアニアを中心とした地域を支配した国家である。その全盛期には、広大な領土を擁するヨーロッパの強国であった。この国家の支配層の民族構成は人口においてはリトアニア人はむしろ少数派で、特にルーシ人と呼ばれる東スラヴ人が多かった。このルーシ人は、のちのベラルーシ人やウクライナ人の先祖に当たり、やがてリトアニア人とあわせてリトアニア人(リトヴィン人)と呼ばれるようになった。リトアニア人が支配した当初はその領土もいわゆる「原リトアニア」と呼ばれる、現代のリトアニア共和国とほぼ同じ狭い地域に限られており、小さな異教国家(非キリスト教国家、Romuva)であったが、複雑な政治的経緯により人口の膨大なルーシ(現在のロシア・スモレンスク地方、ベラルーシ、西部ウクライナ)の正教徒の人々が住む広大な地域(すなわちヴォルィーニ公国やハールィチ公国の地域)も徐々に広く包含するようになると、そういった地方の支配層も取り込むようになったため結果として大公国全体で徐々に正教徒の東スラヴ人が政治的に優勢となった。原リトアニアでも東スラヴの文化を広く受け入れるようになり、大公国の唯一の公用語として教会スラブ語が採用された。1387年にローマ・カトリックを正式に国教としたが、正教徒の信仰も認められた。1430年以後、ポーランド王国と実質的な同君連合となり(ポーランド・リトアニア合同)、支配階層のポーランド文化への同質化が進んだ。1569年のルブリン合同をもってリトアニア大公国はポーランド王国との連合政体であるポーランド・リトアニア共和国を形成した。
rdfs:label
  • リトアニア大公国
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:spokenIn of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:combatant of
is prop-ja:place of
is prop-ja:result of
is prop-ja:states of
is prop-ja:変遷年月日 of
is prop-ja:没地 of
is prop-ja:生誕地 of
is foaf:primaryTopic of