Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 微分幾何学では、リッチフロー(Ricci flow)は本来の幾何学的フロー(geometric flow)のひとつである。リッチフローは、熱伝導方程式に形式に似た方法でリーマン多様体の計量の特異点を滑らかに変形する過程である。グレゴリオ・リッチ=クルバストロ(Gregorio Ricci-Curbastro)の名前に因むリッチフローは、最初にリチャード・ハミルトン(Richard Hamilton)により1981年に導入され、また、リッチ・ハミルトンフロー(Ricci–Hamilton flow)とも呼ばれる。リッチフローは、最初にグリゴリー・ペレルマン(Grigori Perelman)によりポアンカレ予想の証明のために使われ、同様に、サイモン・ブレンデルとリチャード・シェーンによる微分可能球面定理(differentiable sphere theorem)の証明に使われた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3051117 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 27676 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 59137549 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 微分幾何学では、リッチフロー(Ricci flow)は本来の幾何学的フロー(geometric flow)のひとつである。リッチフローは、熱伝導方程式に形式に似た方法でリーマン多様体の計量の特異点を滑らかに変形する過程である。グレゴリオ・リッチ=クルバストロ(Gregorio Ricci-Curbastro)の名前に因むリッチフローは、最初にリチャード・ハミルトン(Richard Hamilton)により1981年に導入され、また、リッチ・ハミルトンフロー(Ricci–Hamilton flow)とも呼ばれる。リッチフローは、最初にグリゴリー・ペレルマン(Grigori Perelman)によりポアンカレ予想の証明のために使われ、同様に、サイモン・ブレンデルとリチャード・シェーンによる微分可能球面定理(differentiable sphere theorem)の証明に使われた。
rdfs:label
  • リッチフロー
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of