Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • 数学におけるリッシュのアルゴリズムとは不定積分を行う(すなわち、ある式の原始関数を求める)アルゴリズムであり、数学者ロバート・H・リッシュに因む。その鍵は不定積分の問題を微分代数の問題へと変換することである。代数学の一分野である微分代数においては、抽象的な微分操作の下での関数の振る舞いが考察される。このことは、不定積分を困難にしている指数関数、対数関数およびべき乗をブラックボックスとして扱う上で都合が良い。リッシュは1968年にこのアルゴリズムを発明したが、それを決定手続きと呼んでいた。このアルゴリズムは与えられた関数が初等関数を不定積分として持つかどうかを決定するものだからである。そして存在するならば、それを具体的に求める。1976年には高速だが一般性の低いリッシュ=ノーマンのアルゴリズムが発明されている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1516198 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageInterLanguageLink
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 3997 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 43 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 56432726 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • 数学におけるリッシュのアルゴリズムとは不定積分を行う(すなわち、ある式の原始関数を求める)アルゴリズムであり、数学者ロバート・H・リッシュに因む。その鍵は不定積分の問題を微分代数の問題へと変換することである。代数学の一分野である微分代数においては、抽象的な微分操作の下での関数の振る舞いが考察される。このことは、不定積分を困難にしている指数関数、対数関数およびべき乗をブラックボックスとして扱う上で都合が良い。リッシュは1968年にこのアルゴリズムを発明したが、それを決定手続きと呼んでいた。このアルゴリズムは与えられた関数が初等関数を不定積分として持つかどうかを決定するものだからである。そして存在するならば、それを具体的に求める。1976年には高速だが一般性の低いリッシュ=ノーマンのアルゴリズムが発明されている。
rdfs:label
  • リッシュのアルゴリズム
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of