Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リチャード・レイン(Richard Douglas Lane, 1926年 - 2002年)は、アメリカ合衆国出身の浮世絵研究家。フロリダ州キシミー生まれ、ニューヨーク育ち。高校・大学時代は作家を目指し、短編小説で二度賞をとる。第二次世界大戦で海兵隊に出願、日本語戦場通訳学校に選抜されて日本語を学ぶ。卒業後、南九州上陸部隊の中にあったが終戦を迎える。その後通訳として長崎、鹿児島、佐世保など九州各地で一年ほど過ごす。帰国後、ニューヨークやハワイ大学で日本文学を学び、1948年ハワイ大学卒。コロンビア大学で西鶴研究で修士号取得、奨学金を受けて日本に留学。東京大学、早稲田大学、京都大学の大学院で日本文学を学び、師宣記念館の創立を援助して紺綬褒章を受章した。1958年、コロンビア大学で日本古典の博士号取得、母校やメリーランド大学で日本語、日本文学、比較文学、日本美術史を教え、ホノルル美術館の学芸員を務めた。以後半ばを日本で過ごし、暉峻康隆とともに春画研究に携わり、林美一との共同監修で未修正版の「定本・浮世絵春画名品集成」を編纂し、春画を文化史の中に位置づけた。作家の真杉静枝と恋人関係にあったとする説もある(林真理子『女文士』)
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1220375 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2190 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 44 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57435644 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リチャード・レイン(Richard Douglas Lane, 1926年 - 2002年)は、アメリカ合衆国出身の浮世絵研究家。フロリダ州キシミー生まれ、ニューヨーク育ち。高校・大学時代は作家を目指し、短編小説で二度賞をとる。第二次世界大戦で海兵隊に出願、日本語戦場通訳学校に選抜されて日本語を学ぶ。卒業後、南九州上陸部隊の中にあったが終戦を迎える。その後通訳として長崎、鹿児島、佐世保など九州各地で一年ほど過ごす。帰国後、ニューヨークやハワイ大学で日本文学を学び、1948年ハワイ大学卒。コロンビア大学で西鶴研究で修士号取得、奨学金を受けて日本に留学。東京大学、早稲田大学、京都大学の大学院で日本文学を学び、師宣記念館の創立を援助して紺綬褒章を受章した。1958年、コロンビア大学で日本古典の博士号取得、母校やメリーランド大学で日本語、日本文学、比較文学、日本美術史を教え、ホノルル美術館の学芸員を務めた。以後半ばを日本で過ごし、暉峻康隆とともに春画研究に携わり、林美一との共同監修で未修正版の「定本・浮世絵春画名品集成」を編纂し、春画を文化史の中に位置づけた。作家の真杉静枝と恋人関係にあったとする説もある(林真理子『女文士』)
rdfs:label
  • リチャード・レイン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageDisambiguates of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of