Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リチウム塩(リチウムえん)は化学的なリチウムの塩で気分安定薬であり、特に双極性障害、うつ病に用いられるが、統合失調症の治療にも用いられる。略号はLi。通常は炭酸リチウム (Li2CO3) が用いられるが、クエン酸塩であるクエン酸リチウムが用いられることもある。また、オロチン酸塩であるオロチン酸リチウムも使用される。塩は中枢神経系に広く運ばれ、神経伝達物質や受容体の多数に作用し、ノルアドレナリンの放出を抑制して、セロトニンの合成を促進する。大正富山医薬品株式会社からリーマス®、田辺三菱製薬株式会社からヨシトミ®などの商品名で発売されている。リチウムは過量投薬のリスクが高く、治療薬物モニタリングが必要である。リチウム塩の使用は1949年にオーストラリアの精神科医、ジョン・ケイドによって、偶然に動物に対する効果を発見したのちに開発された。1954年にデンマークの精神科医がケイドの発表が正しいことを認め、以降ヒトに対する使用が開始された。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 277538 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8426 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 70 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58440729 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:alt
  • 2 (xsd:integer)
prop-ja:atcPrefix
  • N05
prop-ja:atcSuffix
  • AN01
prop-ja:bioavailability
  • depends on formulation
prop-ja:caption
  • Lithium citrate
prop-ja:casNumber
  • 7439 (xsd:integer)
prop-ja:date
  • 2016 (xsd:integer)
prop-ja:drugName
  • Lithium
prop-ja:drugbank
  • DB01356
prop-ja:eliminationHalfLife
  • -86400.0
  • 129600.0
  • 209952.0
  • 64440.0
prop-ja:excretion
  • >95% renal
prop-ja:iupacName
  • Lithium
prop-ja:legalAu
  • S4
prop-ja:legalCa
  • 処方箋のみ
prop-ja:legalUk
  • POM
prop-ja:legalUs
  • 処方箋のみ
prop-ja:medlineplus
  • a681039
prop-ja:metabolism
  • Renal
prop-ja:molecularWeight
  • 6.941000 (xsd:double)
prop-ja:pregnancyAu
  • D
prop-ja:pregnancyUs
  • D
prop-ja:proteinBound
  • None
prop-ja:pubchem
  • 28486 (xsd:integer)
prop-ja:routesOfAdministration
  • 経口、非経口消化ルート
prop-ja:smiles
  • [Li+]
prop-ja:stdinchi
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:stdinchikey
  • HBBGRARXTFLTSG-UHFFFAOYSA-N
prop-ja:tradename
  • Camcolit ,
  • Eskalith ,
  • Li-Liquid ,
  • Liskonum ,
  • Lithicarb ,
  • Lithobid ,
  • Priadel ,
  • Quilonum
  • and others
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:範囲
  • リチウム塩は中枢神経系に広く運ばれ、神経伝達物質や受容体の多数に作用し、ノルアドレナリンの放出を抑制して、セロトニンの合成を促進する。
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リチウム塩(リチウムえん)は化学的なリチウムの塩で気分安定薬であり、特に双極性障害、うつ病に用いられるが、統合失調症の治療にも用いられる。略号はLi。通常は炭酸リチウム (Li2CO3) が用いられるが、クエン酸塩であるクエン酸リチウムが用いられることもある。また、オロチン酸塩であるオロチン酸リチウムも使用される。塩は中枢神経系に広く運ばれ、神経伝達物質や受容体の多数に作用し、ノルアドレナリンの放出を抑制して、セロトニンの合成を促進する。大正富山医薬品株式会社からリーマス®、田辺三菱製薬株式会社からヨシトミ®などの商品名で発売されている。リチウムは過量投薬のリスクが高く、治療薬物モニタリングが必要である。リチウム塩の使用は1949年にオーストラリアの精神科医、ジョン・ケイドによって、偶然に動物に対する効果を発見したのちに開発された。1954年にデンマークの精神科医がケイドの発表が正しいことを認め、以降ヒトに対する使用が開始された。
rdfs:label
  • リチウム塩
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of