Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リチウム・空気電池(リチウムくうきでんち)または金属リチウム-空気電池とは、金属リチウムを負極活物質とし、空気中の酸素を正極活物質とし、充放電可能な電池を指している。一次電池、二次電池、燃料電池を実現可能である。原型は米国で特許となっており(米国特許第5510209号)、その後、日本で改良した別方式を開発した(後述)が、いずれも実用化は未だされていない。 負極は金属リチウムと直結し、正極には空気が触れる。リチウムと空気(酸素)の化学反応を電力とする。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1717208 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4776 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 19 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 48459219 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リチウム・空気電池(リチウムくうきでんち)または金属リチウム-空気電池とは、金属リチウムを負極活物質とし、空気中の酸素を正極活物質とし、充放電可能な電池を指している。一次電池、二次電池、燃料電池を実現可能である。原型は米国で特許となっており(米国特許第5510209号)、その後、日本で改良した別方式を開発した(後述)が、いずれも実用化は未だされていない。 負極は金属リチウムと直結し、正極には空気が触れる。リチウムと空気(酸素)の化学反応を電力とする。
rdfs:label
  • リチウム・空気電池
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of