Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リソールルビンBK (Lithol Rubine BK) は、赤色の合成アゾ色素である。赤色の粉末状で、印刷するとマゼンタになる。温水には少し溶けるが、冷水やエタノールには溶けない。ジメチルホルムアミド中での最大吸収波長は約442nmである。通常、カルシウム塩として流通する。プラスチック、塗料、インク、織物等の染色に用いられる。p-トルイジン-m-スルホン酸と3-ヒドロキシ-2-ナフトエ酸のカップリング反応により合成できる。食品添加物として用いられる時のE番号は、E180である。チーズの皮やリップクリームの着色に用いられる。オーストラリア・ニュージーランドでは食品添加物としての使用が禁止されている。
dbpedia-owl:imageSize
  • 200 (xsd:integer)
dbpedia-owl:iupacName
  • Calcium (4Z)-4-[(4-methyl-2-sulfonatophenyl)hydrazono]-3-oxo-2-naphthalenecarboxylate
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 3115310 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 2575 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 15 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58444720 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:imagefile
  • LitholRubineBKcorrected.png
prop-ja:imagesize
  • 200 (xsd:integer)
prop-ja:iupacname
  • Calcium -4-[hydrazono]-3-oxo-2-naphthalenecarboxylate
prop-ja:othernames
  • (Pigment Rubine, Carmine 6B, Brilliant Carmine 6B, Permanent Rubin L6B, Litholrubine, Latolrubine, C.I. Pigment Red 57, C.I. Pigment Red 57:1, D&C Red No. 7, or C.I. 15850:1; E180)
prop-ja:verifiedrevid
  • 476992292 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • リソールルビンBK (Lithol Rubine BK) は、赤色の合成アゾ色素である。赤色の粉末状で、印刷するとマゼンタになる。温水には少し溶けるが、冷水やエタノールには溶けない。ジメチルホルムアミド中での最大吸収波長は約442nmである。通常、カルシウム塩として流通する。プラスチック、塗料、インク、織物等の染色に用いられる。p-トルイジン-m-スルホン酸と3-ヒドロキシ-2-ナフトエ酸のカップリング反応により合成できる。食品添加物として用いられる時のE番号は、E180である。チーズの皮やリップクリームの着色に用いられる。オーストラリア・ニュージーランドでは食品添加物としての使用が禁止されている。
rdfs:label
  • リソールルビンBK
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • (Pigment Rubine, Carmine 6B, Brilliant Carmine 6B, Permanent Rubin L6B, Litholrubine, Latolrubine, C.I. Pigment Red 57, C.I. Pigment Red 57:1, D&C Red No. 7, or C.I. 15850:1; E180)
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of