Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リスボン条約(リスボンじょうやく)は、既存の欧州連合の基本条約を修正する条約。改革条約(かいかくじょうやく)とも呼ばれる。本条約の正式な名称は「欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約」。2007年12月13日にリスボンのジェロニモス修道院において加盟国の代表らによって署名され、2009年12月1日に発効した。2005年にフランスとオランダにおける国民投票で欧州憲法条約の批准が否決された。欧州連合の基本条約の枠組み改定には全加盟国の賛成が必要であるため、欧州憲法条約は発効が断念された。これを受けて2007年6月、欧州理事会において新条約の枠組みが合意され、政府間協議 (IGC) において起草、条約案が承認された。草案は2007年10月19日に合意に達し、欧州憲法条約に大幅な変更が加えられたものの欧州憲法条約とは異なり、既存の基本条約と置き換えるのではなく、修正する形をとっている。リスボン条約では欧州憲法条約に盛り込まれていた機構改革や、市民の欧州連合への関与を強化することが規定されている。その一方で欧州憲法条約にあった欧州連合の旗のような超国家機関的な性格は取り除かれ、また特定の国には適用除外条項が規定されている。リスボン条約の第6条第2項では、発効にはすべての欧州連合加盟国の批准手続きの完了を要することが規定されている。条文では2009年1月1日の発効をうたっているが、すべての加盟国による批准手続きの完了に遅れが生じた場合には、完了した日の翌月の1日に発効することになっている。実際にアイルランドが本条約批准に必要な憲法改正手続きに遅れが生じるなどしたため、条約発効は2009年12月1日となった。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1058192 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 48393 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 239 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58767083 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:scale
  • 400 (xsd:integer)
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:x
  • -0.030000 (xsd:double)
  • 0.064000 (xsd:double)
  • 0.066000 (xsd:double)
  • 0.068000 (xsd:double)
  • 0.347000 (xsd:double)
  • 0.553000 (xsd:double)
  • 0.556000 (xsd:double)
  • 0.557000 (xsd:double)
  • 0.705000 (xsd:double)
  • 0.866000 (xsd:double)
  • 0.870000 (xsd:double)
  • 0.872000 (xsd:double)
prop-ja:y
  • 0 (xsd:integer)
  • 0.123000 (xsd:double)
  • 0.251000 (xsd:double)
  • 0.353000 (xsd:double)
  • 0.364000 (xsd:double)
  • 0.603000 (xsd:double)
  • 0.605000 (xsd:double)
prop-ja:内容
  • 既存の条約の修正
prop-ja:効力発生
  • --12-01
prop-ja:寄託者
  • イタリア政府
prop-ja:画像
  • Tratado de Lisboa pt.svg
prop-ja:署名
  • --12-13
  • 、リスボン
prop-ja:言語
  • 23 (xsd:integer)
prop-ja:通称
  • リスボン条約
prop-ja:関連
prop-ja:題名
  • 欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リスボン条約(リスボンじょうやく)は、既存の欧州連合の基本条約を修正する条約。改革条約(かいかくじょうやく)とも呼ばれる。本条約の正式な名称は「欧州連合条約および欧州共同体設立条約を修正するリスボン条約」。2007年12月13日にリスボンのジェロニモス修道院において加盟国の代表らによって署名され、2009年12月1日に発効した。2005年にフランスとオランダにおける国民投票で欧州憲法条約の批准が否決された。欧州連合の基本条約の枠組み改定には全加盟国の賛成が必要であるため、欧州憲法条約は発効が断念された。これを受けて2007年6月、欧州理事会において新条約の枠組みが合意され、政府間協議 (IGC) において起草、条約案が承認された。草案は2007年10月19日に合意に達し、欧州憲法条約に大幅な変更が加えられたものの欧州憲法条約とは異なり、既存の基本条約と置き換えるのではなく、修正する形をとっている。リスボン条約では欧州憲法条約に盛り込まれていた機構改革や、市民の欧州連合への関与を強化することが規定されている。その一方で欧州憲法条約にあった欧州連合の旗のような超国家機関的な性格は取り除かれ、また特定の国には適用除外条項が規定されている。リスボン条約の第6条第2項では、発効にはすべての欧州連合加盟国の批准手続きの完了を要することが規定されている。条文では2009年1月1日の発効をうたっているが、すべての加盟国による批准手続きの完了に遅れが生じた場合には、完了した日の翌月の1日に発効することになっている。実際にアイルランドが本条約批准に必要な憲法改正手続きに遅れが生じるなどしたため、条約発効は2009年12月1日となった。
rdfs:label
  • リスボン条約
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:keydocument of
is prop-ja:関連 of
is foaf:primaryTopic of