Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リジェ・JS25は、リジェチームが1985年シーズンのF1参戦に用いたフォーミュラ1カーである。デザイナーはミッシェル・ポイジョンとクロード・ギャロパン。前年のJS23同様、ルノーのV6ターボエンジンを搭載、タイヤはミシュランに代わってピレリを装着した。ドライバーはベテランのジャック・ラフィットとアンドレア・デ・チェザリスのラインナップであったが、チェザリスはクラッシュによるリタイアが連続し、チームは彼に代えてフィリップ・ストレイフを起用した。チームのシーズン総獲得ポイントは23、コンストラクターズランキングは6位となった。ラフィットは3位に2度入賞、最終戦オーストラリアでは2位に入賞した。チームメイトのストレイフも最終戦で3位に入賞する。ストレイフは2位のラフィットを激しく追い上げ、終盤の81ラップ目で接触、左前ホイールが外れかかったものの、両者ともどうにかゴールすることができた。JS25のおそらく最も壮観な瞬間はオーストリアであった。チェザリスが14ラップ目に高速度で転回し車は大破した。オーナーのギ・リジェはこれ以上チェザリスのクラッシュに修理費用を出すことはできないとし、彼の放出を決心した。チェザリスはオランダGP後にストレイフと交代した。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2363650 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 4532 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 75 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47771715 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:turbo/na
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:エンジン
  • ルノー・ゴルディーニ EF4B,
prop-ja:エンジン形式
  • 90 (xsd:integer)
prop-ja:カテゴリー
prop-ja:ギアボックス
prop-ja:ギア形式
prop-ja:コンストラクター
prop-ja:コンストラクターズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:サスペンション(前)_
prop-ja:サスペンション(後)_
prop-ja:シャシー
prop-ja:タイヤ
prop-ja:チーム
prop-ja:デザイナー
prop-ja:トレッド
  • 前:
  • 後:
prop-ja:ドライバー
  • 25 (xsd:integer)
  • 26 (xsd:integer)
prop-ja:ドライバーズタイトル
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:ファステストラップ
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:ポールポジション
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:マシン名
  • リジェ・JS25
prop-ja:優勝回数
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:先代
prop-ja:出走回数
  • 15 (xsd:integer)
prop-ja:初戦
  • 1985 (xsd:integer)
prop-ja:変速
  • 5 (xsd:integer)
prop-ja:後継
prop-ja:排気量
  • ,
prop-ja:燃料
prop-ja:配置
  • ミッドエンジン, 縦置き
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リジェ・JS25は、リジェチームが1985年シーズンのF1参戦に用いたフォーミュラ1カーである。デザイナーはミッシェル・ポイジョンとクロード・ギャロパン。前年のJS23同様、ルノーのV6ターボエンジンを搭載、タイヤはミシュランに代わってピレリを装着した。ドライバーはベテランのジャック・ラフィットとアンドレア・デ・チェザリスのラインナップであったが、チェザリスはクラッシュによるリタイアが連続し、チームは彼に代えてフィリップ・ストレイフを起用した。チームのシーズン総獲得ポイントは23、コンストラクターズランキングは6位となった。ラフィットは3位に2度入賞、最終戦オーストラリアでは2位に入賞した。チームメイトのストレイフも最終戦で3位に入賞する。ストレイフは2位のラフィットを激しく追い上げ、終盤の81ラップ目で接触、左前ホイールが外れかかったものの、両者ともどうにかゴールすることができた。JS25のおそらく最も壮観な瞬間はオーストリアであった。チェザリスが14ラップ目に高速度で転回し車は大破した。オーナーのギ・リジェはこれ以上チェザリスのクラッシュに修理費用を出すことはできないとし、彼の放出を決心した。チェザリスはオランダGP後にストレイフと交代した。
rdfs:label
  • リジェ・JS25
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:先代 of
is prop-ja:後継 of
is foaf:primaryTopic of