Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • リコ・ベホーベン(Rico Verhoeven、男性、1989年4月10日 - )は、オランダ出身のキックボクサー。スーパープロジム/チーム・リコ所属。本名はリカルド・ベホーベン。K-1時代はリコ・ヴァーホーベンと表記されていた。日本のメディアからはリコ・フェルホーフェン、リコ・フェルフーフェンと表記されることもあり、オランダ語発音としてはこちらの方が正しい。GLORY世界ヘビー級トーナメント2013王者。若くして恵まれたスーパーヘビー級の体格、卓越したテクニック、加えて端正な顔つきを持つことから「Prince of Kickboxing(キックボクシング界のプリンス)」の異名を持つ。10代の頃からその才能を高く評価されており、アーネスト・ホーストから「まだ成功を収めていない若手の中で最も有望な才能と素晴らしいポテンシャルを持っているし、いずれビッグな選手になる」と評価され、ピーター・アーツに憧れていることもあって「アーツ2世」と呼ばれていた。24歳の若さで世界最大のキックボクシング団体GLORYのヘビー級世界トーナメントで優勝を果たし、憧れのアーツの引退試合の相手も務めた。練習仲間であるプロボクシングの現役ヘビー級世界ランカーのタイソン・フューリーからは「リコとのスパーリングでテンプルにパンチをくらって2度もカットしてしまった」「リコはキック界においてもトップファイターだが、プロボクシングに転向しても1~2年で簡単にトップになれる」と絶賛されている。また、総合格闘技への参戦も視野に入れて練習しており、グラップリングルールの小規模なトーナメントにも出場するなどしている。子供の頃から日本のアニメ「ドラゴンボール」が好きである。非行に走った子供達をキックボクシングを通して更生させるプロジェクトに参加している。また、将来的には俳優になって人々を楽しませることを夢として挙げている。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1435218 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 9859 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 91 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58541095 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:birthDate
  • 1989-04-10 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
prop-ja:cm
  • 196.0
prop-ja:decloss
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:decwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:draws
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:kg
  • 114.0
prop-ja:koloss
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:kowins
  • 1 (xsd:integer)
  • 8 (xsd:integer)
prop-ja:losses
  • 0 (xsd:integer)
  • 7 (xsd:integer)
prop-ja:name
  • リコ・ベホーベン
prop-ja:nickname
  • Prince of Kickboxing(キックボクシング界のプリンス)
  • ピーター・アーツ2世
prop-ja:noContests
  • 0 (xsd:integer)
  • 1 (xsd:integer)
prop-ja:otherloss
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:otherwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:realname
  • リカルド・フェルフーフェン
prop-ja:style
prop-ja:subloss
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:subwins
  • 0 (xsd:integer)
prop-ja:total
  • 1 (xsd:integer)
  • 51 (xsd:integer)
prop-ja:weight
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:wins
  • 1 (xsd:integer)
  • 43 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdfs:comment
  • リコ・ベホーベン(Rico Verhoeven、男性、1989年4月10日 - )は、オランダ出身のキックボクサー。スーパープロジム/チーム・リコ所属。本名はリカルド・ベホーベン。K-1時代はリコ・ヴァーホーベンと表記されていた。日本のメディアからはリコ・フェルホーフェン、リコ・フェルフーフェンと表記されることもあり、オランダ語発音としてはこちらの方が正しい。GLORY世界ヘビー級トーナメント2013王者。若くして恵まれたスーパーヘビー級の体格、卓越したテクニック、加えて端正な顔つきを持つことから「Prince of Kickboxing(キックボクシング界のプリンス)」の異名を持つ。10代の頃からその才能を高く評価されており、アーネスト・ホーストから「まだ成功を収めていない若手の中で最も有望な才能と素晴らしいポテンシャルを持っているし、いずれビッグな選手になる」と評価され、ピーター・アーツに憧れていることもあって「アーツ2世」と呼ばれていた。24歳の若さで世界最大のキックボクシング団体GLORYのヘビー級世界トーナメントで優勝を果たし、憧れのアーツの引退試合の相手も務めた。練習仲間であるプロボクシングの現役ヘビー級世界ランカーのタイソン・フューリーからは「リコとのスパーリングでテンプルにパンチをくらって2度もカットしてしまった」「リコはキック界においてもトップファイターだが、プロボクシングに転向しても1~2年で簡単にトップになれる」と絶賛されている。また、総合格闘技への参戦も視野に入れて練習しており、グラップリングルールの小規模なトーナメントにも出場するなどしている。子供の頃から日本のアニメ「ドラゴンボール」が好きである。非行に走った子供達をキックボクシングを通して更生させるプロジェクトに参加している。また、将来的には俳優になって人々を楽しませることを夢として挙げている。
rdfs:label
  • リコ・ベホーベン
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of