Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラースロー2世 (II. László、1131年 - 1163年1月14日)は、ハンガリー王及びクロアチア王。兄ゲーザ2世の死後に甥イシュトヴァーン3世が即位したにもかかわらず、ハンガリー貴族の大多数が男系年長者相続制を支持したことから即位した。しかし、カトリック教会はラースローの正当性を認めなかった。 最後は毒殺されたと言われる。対立王として長く王に列することはなかったが、13世紀にラースロー3世が彼を王とした。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1436780 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8390 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 66 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58759253 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:人名
  • ラースロー2世
prop-ja:出生日
  • 1131 (xsd:integer)
prop-ja:各国語表記
  • II. László
prop-ja:君主号
  • ボスニア公、ハンガリー王(対立王)
prop-ja:在位
  • 1162 (xsd:integer)
prop-ja:埋葬地
prop-ja:宗教
prop-ja:戴冠日
  • 1162 (xsd:integer)
prop-ja:死亡日
  • --01-14
prop-ja:母親
  • ヘレナ
prop-ja:父親
prop-ja:王家
prop-ja:王朝
prop-ja:画像
  • Chronicon Pictum P121 A korona elrablása.JPG
prop-ja:画像説明
  • 聖イシュトヴァーンの王冠を盗み出すラースロー2世
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラースロー2世 (II. László、1131年 - 1163年1月14日)は、ハンガリー王及びクロアチア王。兄ゲーザ2世の死後に甥イシュトヴァーン3世が即位したにもかかわらず、ハンガリー貴族の大多数が男系年長者相続制を支持したことから即位した。しかし、カトリック教会はラースローの正当性を認めなかった。 最後は毒殺されたと言われる。対立王として長く王に列することはなかったが、13世紀にラースロー3世が彼を王とした。
rdfs:label
  • ラースロー2世
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of