Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラーエルテース(古希: Λαέρτης, Laērtēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を略してラエルテスとも表記する。アルケイシオスの息子。アルケイシオスはケパロスとプロクリスの子で、ラーエルテースは父を継いでケパレーニア人の領主となった。アウトリュコスとアムピテアーの娘アンティクレイアを妻とし、子にオデュッセウスとクティメネーの兄妹がある。オデュッセウスの父はシーシュポスだともいわれる。イアーソーン率いるアルゴナウタイに参加した。
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1240886 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1023 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 30 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58899388 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラーエルテース(古希: Λαέρτης, Laērtēs)は、ギリシア神話の人物である。長母音を略してラエルテスとも表記する。アルケイシオスの息子。アルケイシオスはケパロスとプロクリスの子で、ラーエルテースは父を継いでケパレーニア人の領主となった。アウトリュコスとアムピテアーの娘アンティクレイアを妻とし、子にオデュッセウスとクティメネーの兄妹がある。オデュッセウスの父はシーシュポスだともいわれる。イアーソーン率いるアルゴナウタイに参加した。
rdfs:label
  • ラーエルテース
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of