Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラ・マンチャ地方(La Mancha)はスペインの中部に位置する歴史的地方の一つで、現在のカスティーリャ=ラ・マンチャ自治州のうち、アルバセーテ県、シウダ・レアル県、クエンカ県及びトレード県の領域のかなりの部分に相当する。面積は30,000km²以上で、東西におよそ300km、南北およそ180kmで、イベリア半島の台地にある自然発生的に形成された地方で最も大きい広がりを持ち、中央台地(メセタ)のうちの南東部分、南メセタに位置する。スペインを代表する作家ミゲル・デ・セルバンテスの代表作『才知あふれる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の主人公ドン・キホーテが行う、数々の冒険の舞台となった地方ということで、世界的に知られている。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2599702 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 21130 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 235 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57022733 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラ・マンチャ地方(La Mancha)はスペインの中部に位置する歴史的地方の一つで、現在のカスティーリャ=ラ・マンチャ自治州のうち、アルバセーテ県、シウダ・レアル県、クエンカ県及びトレード県の領域のかなりの部分に相当する。面積は30,000km²以上で、東西におよそ300km、南北およそ180kmで、イベリア半島の台地にある自然発生的に形成された地方で最も大きい広がりを持ち、中央台地(メセタ)のうちの南東部分、南メセタに位置する。スペインを代表する作家ミゲル・デ・セルバンテスの代表作『才知あふれる郷士ドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ』の主人公ドン・キホーテが行う、数々の冒険の舞台となった地方ということで、世界的に知られている。
rdfs:label
  • ラ・マンチャ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:原産地 of
is foaf:primaryTopic of