Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラヴレンチー・パーヴロヴィチ・ベリヤ(グルジア語: ლავრენტი ბერია、ロシア語: Лавре́нтий Па́влович Бе́рияラヴリェーンチイ・パーヴラヴィチュ・ビェーリヤ、ラテン文字表記例:Lavrentij Pavlovich Berija、1899年3月29日 - 1953年12月23日)はソビエト連邦の政治家。ヨシフ・スターリンの大粛清の主要な執行者(実際にベリヤが統轄したのは粛清の終結局面のみだったにせよ)とみなされている。彼の影響力が最高潮に達したのは、第二次世界大戦後からスターリンの死後にかけてであった。「エジョフシチナ」として知られるニコライ・エジョフによる大粛清の恐怖と猛威のもとでエジョフを失脚させて権力を握り、自らも粛清に加担した。スターリンの死後は第一副首相(en:First Deputy Premier of the Soviet Union of en:Council of Ministers (Soviet Union))として、自由化推進のキャンペーンを実施したが、このキャンペーンは、ニキータ・フルシチョフらとの政争の敗北によるベリヤの失脚、そして死刑執行とともに終焉した。しばしば「ラヴレンティ」と表記されるが、ロシア語の発音としてより近いのは「ラヴレンチー」。
dbpedia-owl:predecessor
dbpedia-owl:successor
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 205959 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 23151 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 298 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58789361 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:after
prop-ja:awards
  • 20 (xsd:integer)
  • 25 (xsd:integer)
prop-ja:battles
prop-ja:before
prop-ja:birthDate
  • 1899-03-29 (xsd:date)
prop-ja:birthPlace
  • 、ミヘウリ
prop-ja:date
  • 2008 (xsd:integer)
prop-ja:deathDate
  • 1953-12-23 (xsd:date)
prop-ja:deathPlace
prop-ja:name
  • ラヴレンチー・パーヴロヴィチ・ベリヤ
prop-ja:order
prop-ja:predecessor
prop-ja:premier
prop-ja:rank
prop-ja:signature
  • Lavrentiy Beria Signature.svg
prop-ja:successor
prop-ja:termEnd
  • --06-26
  • --08-31
  • --12-29
prop-ja:termStart
  • --03-05
  • --11-14
  • --11-25
prop-ja:title
  • ソビエト連邦内務大臣
  • ソビエト連邦内務人民委員
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:years
  • 第2代:1952年 - 1953年
  • 第3代:1938年 - 1945年
prop-ja:ソートキー
  • 人1953年没
prop-ja:配偶者
  • ニーナ・ゲゲチコリ
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ラヴレンチー・パーヴロヴィチ・ベリヤ(グルジア語: ლავრენტი ბერია、ロシア語: Лавре́нтий Па́влович Бе́рияラヴリェーンチイ・パーヴラヴィチュ・ビェーリヤ、ラテン文字表記例:Lavrentij Pavlovich Berija、1899年3月29日 - 1953年12月23日)はソビエト連邦の政治家。ヨシフ・スターリンの大粛清の主要な執行者(実際にベリヤが統轄したのは粛清の終結局面のみだったにせよ)とみなされている。彼の影響力が最高潮に達したのは、第二次世界大戦後からスターリンの死後にかけてであった。「エジョフシチナ」として知られるニコライ・エジョフによる大粛清の恐怖と猛威のもとでエジョフを失脚させて権力を握り、自らも粛清に加担した。スターリンの死後は第一副首相(en:First Deputy Premier of the Soviet Union of en:Council of Ministers (Soviet Union))として、自由化推進のキャンペーンを実施したが、このキャンペーンは、ニキータ・フルシチョフらとの政争の敗北によるベリヤの失脚、そして死刑執行とともに終焉した。しばしば「ラヴレンティ」と表記されるが、ロシア語の発音としてより近いのは「ラヴレンチー」。
rdfs:label
  • ラヴレンチー・ベリヤ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:predecessor of
is dbpedia-owl:successor of
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is prop-ja:after of
is prop-ja:before of
is prop-ja:predecessor of
is prop-ja:successor of
is prop-ja:元首等氏名 of
is foaf:primaryTopic of