Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ランボー・アマデウス(セルビア語:Rambo Amadeus / Рамбо Амадеус、1963年6月14日 - )、本名アントニイェ・プシッチ(Antonije Pušić / Антоније Пушић)は、モンテネグロ・コトル出身で、旧ユーゴスラビア諸国全域で人気のある歌手である。1963年にユーゴスラビア連邦人民共和国・モンテネグロ人民共和国のコトルにて生まれ育ち、その後セルビアのベオグラードに居住し、活動の拠点としている。アマデウスの作品には、自ら「皮肉的なウィット」と評する一般的な人々や政治に対する風刺が多く含まれており、ジャズやロック、のちにドラムンベースなどの要素を取り入れたものとなっている。「ランボー・アマデウス」の名はジョン・ランボーとヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに由来する。また、彼の自称のひとつに「ランボー・アマデウス・スヴィエツキ・メガ・ツァル」(Rambo Amadeus Svjetski Mega Car; RASMC; 「世界メガツァール・ランボー・アマデウス」)がある。他に「愉快なポップ・ミュージック王」といった別称もある。コンサートでは単に完成された楽曲を歌うのではなく、人間の本当の姿をさらけ出す即興のユーモアを織りまぜた音楽を披露する。ランボー・アマデウスの作風や生き様は、フランク・ザッパやキャプテン・ビーフハートなどと比較される。2012年5月には、アゼルバイジャンのバクーで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2012にモンテネグロ代表として参加する。
dbpedia-owl:activeYearsEndYear
  • 1988-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:activeYearsStartYear
  • 1988-01-01 (xsd:date)
dbpedia-owl:background
  • singer
dbpedia-owl:birthPlace
dbpedia-owl:genre
dbpedia-owl:hometown
dbpedia-owl:instrument
dbpedia-owl:occupation
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 2509353 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 8675 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 106 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 57967224 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:background
  • singer
prop-ja:birthName
  • アントニイェ・プシッチ
prop-ja:born
  • 1963-06-14 (xsd:date)
  • ユーゴスラビア連邦人民共和国・モンテネグロ人民共和国・コトル
prop-ja:genre
prop-ja:img
  • Antonije Pusic Rambo Amadeus.jpg
prop-ja:instrument
prop-ja:name
  • ランボー・アマデウス
prop-ja:occupation
prop-ja:url
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
prop-ja:yearsActive
  • 1988 (xsd:integer)
dcterms:subject
rdf:type
rdfs:comment
  • ランボー・アマデウス(セルビア語:Rambo Amadeus / Рамбо Амадеус、1963年6月14日 - )、本名アントニイェ・プシッチ(Antonije Pušić / Антоније Пушић)は、モンテネグロ・コトル出身で、旧ユーゴスラビア諸国全域で人気のある歌手である。1963年にユーゴスラビア連邦人民共和国・モンテネグロ人民共和国のコトルにて生まれ育ち、その後セルビアのベオグラードに居住し、活動の拠点としている。アマデウスの作品には、自ら「皮肉的なウィット」と評する一般的な人々や政治に対する風刺が多く含まれており、ジャズやロック、のちにドラムンベースなどの要素を取り入れたものとなっている。「ランボー・アマデウス」の名はジョン・ランボーとヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトに由来する。また、彼の自称のひとつに「ランボー・アマデウス・スヴィエツキ・メガ・ツァル」(Rambo Amadeus Svjetski Mega Car; RASMC; 「世界メガツァール・ランボー・アマデウス」)がある。他に「愉快なポップ・ミュージック王」といった別称もある。コンサートでは単に完成された楽曲を歌うのではなく、人間の本当の姿をさらけ出す即興のユーモアを織りまぜた音楽を披露する。ランボー・アマデウスの作風や生き様は、フランク・ザッパやキャプテン・ビーフハートなどと比較される。2012年5月には、アゼルバイジャンのバクーで開催されるユーロビジョン・ソング・コンテスト2012にモンテネグロ代表として参加する。
rdfs:label
  • ランボー・アマデウス
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:givenName
  • アントニイェ・プシッチ
foaf:homepage
foaf:isPrimaryTopicOf
foaf:name
  • ランボー・アマデウス
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of