Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ラムダ(Lambda )はイタリアの自動車メーカー、ランチアが1922年から1931年まで製造していた乗用車。乗用車の分野においてモノコック構造を世界で初めて採用、また量産車で世界初となる独立懸架を採用するなど、その先駆的な技術はその後の自動車工学に影響を与えた。
dbpedia-owl:thumbnail
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 1589686 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 1708 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 26 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 47582054 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ラムダ(Lambda )はイタリアの自動車メーカー、ランチアが1922年から1931年まで製造していた乗用車。乗用車の分野においてモノコック構造を世界で初めて採用、また量産車で世界初となる独立懸架を採用するなど、その先駆的な技術はその後の自動車工学に影響を与えた。
rdfs:label
  • ランチア・ラムダ
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:depiction
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of