Data Table
PropertyValue
dbpedia-owl:abstract
  • ランダウの記号(ランダウのきごう、英: Landau symbol)は、関数極限における漸近挙動、すなわち値の変動のおおよその評価を与えるための記法である。ポール・バッハマンによって発明され、エドムント・ランダウが広めた。誤解されがちであるが『理論物理学教程』の著者であるレフ・ランダウとは別人である。ランダウの漸近記法 (asymptotic notation)、ランダウ記法 (Landau notation) あるいは主要な記号として O を用いることから(ランダウの)O-記法などともいう。
dbpedia-owl:wikiPageExternalLink
dbpedia-owl:wikiPageID
  • 65626 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageLength
  • 18173 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageOutDegree
  • 74 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageRevisionID
  • 58180082 (xsd:integer)
dbpedia-owl:wikiPageWikiLink
prop-ja:wikiPageUsesTemplate
dcterms:subject
rdfs:comment
  • ランダウの記号(ランダウのきごう、英: Landau symbol)は、関数極限における漸近挙動、すなわち値の変動のおおよその評価を与えるための記法である。ポール・バッハマンによって発明され、エドムント・ランダウが広めた。誤解されがちであるが『理論物理学教程』の著者であるレフ・ランダウとは別人である。ランダウの漸近記法 (asymptotic notation)、ランダウ記法 (Landau notation) あるいは主要な記号として O を用いることから(ランダウの)O-記法などともいう。
rdfs:label
  • ランダウの記号
owl:sameAs
prov:wasDerivedFrom
foaf:isPrimaryTopicOf
is dbpedia-owl:wikiPageRedirects of
is dbpedia-owl:wikiPageWikiLink of
is foaf:primaryTopic of